2013年07月16日

プライベートレッスンプレミアム6

PureDesign.gif


【Pure Design】次項有詳細を見る

はーもにー・さんとの最初の出会いは、全くの偶然でした。
寺泊温泉北新館の陽だまりの森というイベントで、初参加されるという情報だけは知っており、実際にはまだお逢いしたことがありませんでした。

名前だけ知っている状態で、陽だまりの森のフライヤー作成のために、はーもにー・さんに連絡とらなきゃ〜と思っていた時に、Blue Lotusさんが「岩室でセッションをするから、そこに遊びに来ませんか?」とお誘いくださり、遊びに行った先で、偶然、たまたま、はーもにー・さんにお逢いして、そこで名刺交換をしてはーもにー・さんと知ってビックリexclamation×2
ちょうどよかったexclamation×2とばかりに陽だまりの森のチラシ作成に必要な情報をいただき、あっという間に用事は終わったのでした。・・・という、本当に何かの導きでもあったのではないかというような初対面でしたぴかぴか(新しい)
はーもにー・さんは、ヒューマンデザインをやっていらっしゃるだけあって、一緒にいると、そのまんま、ありのまんまの自分をすべて受け入れてもらえるという安心感を与えてくださいます。
ということは、はーもにー・さんご自身が、良いも悪いも超越したところにいらっしゃるということですね(*^_^*)
表現力豊かで、この複雑なチャートをよくこんなにわかりやすく教えてくださるな〜ということにも感動します。
それだけではなく、エネルギーを感じる能力も傑出しておいでです。
正確に感じ分けられ、目に見えないものを言語化してくださいます。
何にも言わないのに、エネルギーを流しただけで、レイキの種類までわかるって凄すぎexclamation
見えないものをそのまんま、そこに取り出してくれる感じ目ぴかぴか(新しい)
その感覚のクリアさにも敬服します。
そんな素晴らしい能力を授かっているはーもにー・さんのヒューマンデザインのリーディングは、お得だと思いますぴかぴか(新しい)


その後、ヒューマンデザインという聞き慣れない(私が知らないだけだと思いますが)セッションを1度受けてみたいと思うようになり、イベントや他のところでご一緒する機会があっても、なかなか時間がとれなかったりで、あ〜今回もダメだった、また今回もダメだった〜と何度か見送り・・・
やっと実現したのが本当にここ最近で、受けてみてビックリ。
それぞれに必要なデザインがちゃんとされていて、自分で欠点だと思っていても、それがある意味では役に立っていたり(自分では無意識にそうとは知らずにやってしまうことで他者の学びの役に立っていたり・・・)、逆に自分で自分の良さに気づいていなかったり・・・更には他者との関わりや星の位置によってもいろんな自分に成り得、他者に影響を与える事もあるのだと知り、そのチャートの深さに感嘆したのでした。果てしないですあせあせ(飛び散る汗)

生年月日からそのチャートを出すのですが、私の場合は、頭にだけ色が入っていて、喉から下は真っ白でした。
チャートを見せて頂いても、それがどうなのかは、さっぱりわかりませんあせあせ(飛び散る汗)

タイプ: プロジェクター.
シグネチャー(目標、目的(?)ゴール): 成功.
Not-Selfのテーマ(ネガティブな感覚): 苦味.
プロファイル1/4.
定義型: シングル定義.
オーソリティ: なし.
ストラテジー: 自分にあった招待を待つ.
インカネーション・クロス: ライトアングル マヤのクロス 1 (42/32 | 61/62).

↑これが基礎情報のようです。

私は、プロジェクター。
人口の約20%がプロジェクターなのだそうです(待機型)。
プロジェクターは他の人たちのエネルギーをコントロールし誘導することができ、ただその能力を活かすためには、自分特有の能力を人に認められ招待を受ける必要があるのだそうです。
招待がないとプロジェクターは自分の才能と能力を表現することができないのですって。
サッカーのポジションで例えるとミッドフィルダー。フォワードとディフェンスの間で両者をコントロールするのがその役割なのだそうです。

インカネーション・クロス: ライトアングル マヤのクロス 1
インカネーション・クロスというのは、「魂の使命」のことだそうです。
でも、これは、「知らなくてもいい」情報なんですって。
他の部分の自分を知っていれば、そこを通って、おのずとそういう生き方になるから。
そして、ライトとレフトというのがあって、ライトは自分のため、レフトは他者のため、なのだそうです。
ちなみに私の場合の魂の使命は、過去から続くものを引き出して見せる(?)、過去から続くものを終わらせる?だったかな?あせあせ(飛び散る汗)

プロファイル1/4.
というのも、私にはどういうことかはわからないのですが、家族や身近な人の中でどのような役割をしているか?が示されており、1は、研究者タイプを指すのだそうです。ひとつのことを突き詰めるタイプで、地盤固めをする感じなのだそうです。
行き過ぎると、ストーカーになるタイプらしい(笑)
1/4の説明として、下記のようなものがありました。
あなたがそれを欲しいのは、自分に必要だからではなく、大切な誰かに届けるため。そのために遠い探求の旅に出かけることになります。人に対する深い思慮。それが旅立つ意味と勇気をもたらし、あなたを行動へと駆り立てます。
旅の途中、あなたは心を熱くするかけがえのない出会いを体験するでしょう。そして自らの得たものを、彼らにも分け与えることになります。しかし、不思議と空になることはないのです。あなたが何かを手放すとき、もう片方の手には次にもたらされるものの感触を確かに感じているはずです。
出会いが信頼で結ばれたとき、あなたは自らの分け与えたものの価値を知るのです。それはあなたの思いを遥かに超えて人から人へ受け継がれていきます。その広がりにあなたは驚くかもしれません。そして逆に人々から、あなたにもたらされた、尊いものの存在を、胸の奥深くに、しっかりと確認することができるでしょう。

4は、自分にとって都合のいい人と一緒にいて、そう感じない場合は離れて次の人へ、というちゃっかりさんな側面もあるようです(笑)

この数字を持っている人は、ネットワーカーなんですって。
「繋げるのが得意」。こちらの説明として、下記のようなものがありました。
あなたは、天性のコネクターです。人と人との繋がりが、この世の全てを紡いでいることを誰よりもよく理解しています。繋ぎ、繋がれて、自分という支点の周りに構築された、壮大な宇宙の存在を認識するとき、あなたはこの上なき至福を感じるのです。
あなたの持ち得た知識や知恵は、この繋がりを通じて周囲に伝播します。逆にあなた自身に必要なこともこの繋がりを持ってあなたに届けられます。しかし、それをあなただけの世界には留めるのはもったいない。あなたのそのネットワークを活用すれば、様々なアイデアを具現化することもできるでしょう。
個々の持つ能力を同期させ、多くのことを同時に進行させたり、ネットワークに生きる大勢の思いを表面化することができれば、地位や権力にも勝る、大きな力を得ることもできるでしょう。つまり人々と関係性の中で、個人の力を最大限に発揮させ、創造性の高みへと導くことができる。なんと力強いことでしょう。それはこれからの世の中に、必要不可欠な、新たな力の表現に違いありません。

ただ、私の場合は、喉から下が真っ白なので、いろんな人のエネルギーが入り込むため、人疲れするのだそうです。大勢の人の中にいると、いろんなものが入ってきて、いっぱいいっぱいになり、混乱するので、距離で調節するといいのだそうです。疲れたからと言って、関係を断とうとするのは、「ネットワーカーらしくない」つまり、あなたらしくないということで、避けた方がいいようです(というか、やってもうまくいかないのかな?)。
色が無いということは、自分のカラーを持たないので、外界や人の影響を受けやすく、巻き込まれやすいということなのだそうです。だから、「独りで休息」、あるいは、自分の居る環境がとても大切なんですって。
確かに、独りでいると自分の輪郭がはっきりするというか、ぐじゃぐじゃになっていても、独りで立ち直れます。独りでいると、スッキリしてきます。
喉が白いのは、自分の言葉を持たない(?)発することができない、言葉にできない、とか、苦手、無口である傾向があるのですって。
でも、これは訓練や育ち方などで、すらすら喋れる人もいるのだそうです。
他にも、自分の感情を持たないとか、目の前の仕事を片付けたくて限度を知らずに働いてしまう、など身体の領域の特定の場所に色がないと自分のエネルギーを持たないので、知らないと、いろいろと困る事もあるようです。
身体の領域に色がない場合は、身体に聴いても分からないので、自分の周りの人に「どうしたらいいと思う?」と意見を聞くといいのだそうです。
周りの反応や返ってくる答えで判断するとよくて、身体が白い人には、仲間が大切なのだそうです。

頭には色が入っていますが、それはどういうことなのかというと、頭の領域の上の三角は、抽象的なもの、思い浮かぶこと、インスピレーションを受け取るところで、下の三角は、それを概念化する場所なのだそうです。つまり、わかりにくい世界を、解りやすく説明できるとか、そうだ!!と自分でわかる感じなのだそうです。答えが無いようなことを考え続ける人なのですって。
広く宇宙と繋がっていて、それを3次元に落とし込める、ということらしいです。
それをいろんな人に提供していくのだそうです。
直感・ヒラメキが総て。という状態でしょうか。

また、自分の世界がしっかり確立されているので、他のもの(考えとか? 価値観とか?)を必要としないのだそうです。

更に、自分の世界がしっかりできていて、まっすぐ宇宙・自分と繋がっているので、他の人のそうでない状態がわかりにくい(他の人のそういうところが理解できない)のだそうです(シングルの人はそうらしいです)。
できる人が、できない人に対してなぜできないのか理解できなくて、自分のペースで相手に配慮できないままガンガン行っちゃう、みたいなニュアンスでしょうかあせあせ(飛び散る汗)
これ、他の人には、プレッシャー・・・ですよねあせあせ(飛び散る汗)
でも、それでいいんですって。

・・・そう、悪気があるわけではないのですよね〜
ただ、そうなんですよね〜。
自分でそうだと気づいてない場合もあるのだから(笑)

↑ここら辺が、私には新しい感覚(笑)
どうしても、普通は、他の人にプレッシャーを与えないように周りに合わせたりして、自分を変えようと努力するもの(嫌われたくないからあせあせ(飛び散る汗)

他の人はそうでも、自分はそうでなくていいんだよ、むしろそのほうが「自分らしい」んだよ、
ただ、そうである、と気づかせてくれるヒューマンデザインシステム。
それでお互い学び合っているのかもしれない・・・

そして、な・なんと、このチャートは、サイキック能力があるかどうかもわかってしまうらしいexclamation×2

私の場合は、相方(向こう側)を持っているため、サイキック能力(特に天からのメッセージ)みたいなものにとても興味がある状態なのだとか。
相方がある、というのはどういうことかというと、もう片方があれば繋がる、という状態で、片方はあるけれど、もう片方は無いから、相方が「気になってしょうがない!」と、ずっと追求し続けるのではないかとのこと。
それが私らしいのですって(笑)

チャクラシステム、ホロスコープ(西洋占星術)、カバラ、易経など、いろんな要素が入っていて、しかもその組み合わせでホントにそれぞれ固有のものを持っているのだと教えてくれます。

そして、自分ではそれが欠点、短所だと思っていても、「それでいい」「むしろ、そうあることで自分らしく輝く」と言われると、諸々のブロックが一気にボロッと取れる感じです。

同時に、自分では気づいていなくても、自分で自分を否定していたとしても、そのまんま、歩いているものなんだなぁ〜と知る。
どんなに自分で自分に評価をくだしていても、どんなに他者をジャッジしようと、それは、ただそう在るだけ。
そういうデザインなだけ。
いい悪いを超えてあるもの。
そして総てが影響し合って協力し合ってバランスしているもの。
それが、多種多様な模様を描き出して彩ってくれる。
しかも、自分は自分であるだけで。自分らしくあるだけで・・・
自分の取扱説明書って、ぴったりの表現ですね。


・・・やってもらいたてなので、詳しい記事となりました。
はーもにー・さんに詳しく説明してもらったように書けているといいのですがあせあせ(飛び散る汗)
メモしておけばよかったと後悔しました(笑)

ご希望の方は、筆記用具必携です(笑)次項有もう一度詳細を見る

あなたらしさ、再発見してみませんか?ぴかぴか(新しい)


posted by Kaoru at 08:06| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: