2012年10月29日

「こうでなくちゃいけない」に縛られるとき

こうでなければ

こうしなくちゃ

そう思うとき、「こう」の存在ではない自分がそこにいます。

そうできていない自分がいるから、しなくちゃ!こうでなくちゃ!と思う。

できていれば、改めて強く思うことはない。

また、たとえその時できていなくても、「できている」自分にはすぐなれる。

自分がまず、「そう」であればいいだけ。


自分が豊かであるとき、豊かだから、みんなと分け合う。

自分が愛であれば、愛から行動が生まれる。
愛されたいから愛する自分はいない。

自分が信頼に足る人間であれば、他者をも信頼できる。不信感から疑ったりしない。自分を大きく強く見せるために他者を非難したりもしない。

その必要すらない。

いろんな体験を繰り返しながら、心はだんだん穏やかな領域へと向かい、いずれはその静かな世界から総てを見渡せるようになる。

周りで起こる事を見ているだけで、真実を拾えるようになっていく。

それが静かな体験となっていく。


posted by Kaoru at 08:58| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: