2012年09月08日

生命の樹

久々に絵を描いたら、絵の描き方が変わっていてビックリしましたあせあせ(飛び散る汗)

多分、私の絵を知る人は、「え? どこが?」
と思われるかもしれません。
完成品を見ても、わからないと思います。


・・・が、何だか今回は、これまでと違う「描き方」になってしまいました。

これまでは、下書きを完全に終わらせてから色をのせていくのですが(下書きと言っても、影の部分を先に描いていき、そのまま仕上がりには残るものなので、厳密には「下書き」とは言わないのかも・・・)、今回は、ある部分まではスラスラ描けるのに、なんだか途中でピタリと止まって、いくら描こうとしても先に進まない。どんなに粘っても、気分転換して続きを描こうとしても、「描きたい」という気持ちが起こらないのですあせあせ(飛び散る汗)

それで、影の部分は描きたくないからこれくらいにして、もう色を入れちゃえ! 

と、先に色を入れてみたのです。

そしたら、進む進む・・・

あれ? あれれ?

というくらい、進みます。


そして、しばらくたつと、また描きたくなくなる。

仕方がないから、描きたいと思う、別のところから・・・

と、あっちこっち転々と描いているうちに、完成しましたダッシュ(走り出すさま)

1.gif12.gif23.gif34.gif45.gif56.gif67.gif7

色が綺麗に出なくて見にくいとは思いますが・・・たらーっ(汗)

雌鹿の額の部分から、描き始めました(笑)
そして、目。

人の顔は眉から描き始めます。
よく、普通は輪郭からじゃない?
と言われるのですが、私はなぜか眉や目から描き始めますあせあせ(飛び散る汗)

親戚の人から、ウチの父も昔は目から描いていたという話を聞いたので、遺伝でしょうか(笑)
(父に直接習った覚えはないのに、描き始めが同じって・・・)


完成。
生命の樹.gif


嫁ぎ先が決まりました(笑)

描いては嫁ぐので、手元には自分が描いた絵はあまり残りません。

真っ白の紙に向かう時間。
構成は既に頭の中で出来あがっています。
新しい紙に向かうたびに思う。
頭の中にあるものを、そのまま紙に映しだせるか・・・
違うものが出来あがったりすることもありますあせあせ(飛び散る汗)

紙の上で世界が広がっていきます。


posted by Kaoru at 08:41| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: