2010年11月13日

紅葉

紅葉が見頃ですかわいい

ウチのもみじも、今年はまあまあ綺麗に紅葉しています。

m5.gif

綺麗めのもみじを一枚、探してみました。
なかなか落ちていません。以前、同じように探したときは、綺麗なものがあったのですが・・・
やっと、形の整っているものを発見。

m.gif

紅葉のメカニズム、というのを、以前何かで見た覚えがありますが、きれいさっぱり忘れましたたらーっ(汗)

ただ、その時、「死ぬ準備をするんだ・・・」と感じたことだけ憶えています。
「色が変わる」って、意味があるのだと。色そのものにも、きっとそれぞれ意味(役割?)があるのだろうな、と。心理的に与える影響も大きいと言うし。「色」、おもしろいかも。

でも、今にしてみれば、「死ぬ準備」ではなくて、「春また芽吹くための準備」なのかもしれないと思いました。命を次につなぐための準備。

「色」(または物体)は、「光」が反射して見えるものです。

「物体を見る」というのは、その「物体が反射する光を見る」ことです。

白色光(太陽光や蛍光灯など)は、さまざまな色の光の集合体です(プリズムを通すと、虹色があらわれますね)。光が物体表面から中に侵入し、物体内で特定の波長の光が吸収された後、吸収されなかった光は反射光として再び物体表面から外に出ます。その反射によって外に出た光を、私たちは見ているのです。
たとえば、白色光が緑の葉にあたると、葉の色素は緑の光だけをあなたの目に反射し、その他の色の光を吸収するので、その葉は緑に見えるのです。

だから、「透明人間」はありえないんだ、と生物の時間に習いましたわーい(嬉しい顔)

・・・じゃなくて。(脱線しましたあせあせ(飛び散る汗) 着地したいのは、ここじゃないの)

どんな色に見えるかは、その物体がどのような波長の光を吸収・反射するかによるのです。

紅葉に関する感じ方も、当時のネガティブな私は「死ぬ準備」と感じ、わりとポジティブに考えられるようになれた今では「命を次につなぐための準備」と感じる。

物事に対する反応は、その時々のその人をそのままあらわすのかもしれない。

光が反射して、「色」が見えるように。

その人の在り方が、「言葉」を通して見えてくる。


posted by Kaoru at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: