2021年02月13日

「応える」ことはエネルギー交換

相手の本気に応えるには

こちらも本気度が試される。


熱量が合わないと

応えてはもらえない。


本気で生きている人ほど

時間をたいせつにしているから。


気軽に頼んで
やってもらいっぱなし


それでは

相手の本気を受け取れない。



せっかくの

良いエッセンスを
自分のものにできない。



与える自由も
受け取る自由も

もちろんあるけれど


より
自分を高めたいのであれば


受け取り
かみ砕き

自分のものとして

自分のために生かす



そうして初めて

受け取ったものは生きてくる。



誰かの親切を

当たり前に
受け取りっぱなしにしてはいないだろうか。


それでは

エネルギーの大きさが合わず

だんだん
受け取れなくなる。
(それどころか「もっともっと」になってくる)


高い理想を抱いた瞬間に

自分の至らなさが見える。


それを埋めるも
埋めないも

個人の選択の自由だけれど



受け容れる「器」が大きくなったとき

受け取れるエネルギーがある。



「本気」に応えるのも大変だけれど

「本気」を受け取ってもらえないのもエネルギーの無駄遣いな気がしてくる(笑)



自分の成長(器の大きさ)に応じて

受けとれるものは
変わってきます。


望むのならば
自分の器を意識してみるといいかもしれません。


どれくらい成長すればいいのか
何となく目安ができるから。




bellflower-3054852__480~2.jpg





posted by Kaoru at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする