2021年02月08日

曇りをはらえば自然に光る

怒りや憎しみを溜め込むと


攻撃的になってきます。


相手を思いやる余裕もなくなってくるのです。


心穏やかに過ごすには
まずは

自分の内側を調えなければなりません。


それも追いつかないくらいに

ネガティブな感情が入ってくることもあるでしょう。


自分を穏やかに、なんて言っていられないほどに

理不尽で
つらく強烈な体験が起こり
世間を恨みたくなることを体験する方もいらっしゃるでしょう。


虐げられ続けると

自分を保つことさえ難しくなってきます。


弱い立場だと
それから逃れることさえ難しいこともあるでしょう。



まずは
自分を安全な場所へと運ぶこと

助けを求めること


できうる限りを尽くして

自分を守ります。



どんな理由からでも

どんなに近い存在でも

自分を粗末に扱われる筋合いなどないのです。


自分の中に埋め込まれた
憎しみや苦しみを昇華するには


つらければつらいほど難しいですね。


自分を苦しめた相手を許すことは
自分をないがしろにすることに通じるからです。


けれど
長い目で見て

相手を憎んだままでいても

また
自分が苦しいのです・・・



安全な場所へと
自分を移してあげると

心境に変化が出てきます。


恨みつらみを吐き出して
ようやく

鎮まった心に

自分と向き合う余裕が出てきます。


静けさの中で
それは始まります。


凪いだ湖面に映る景色があるように
空の中に入ってくるエネルギーがあるのです。



初めのうちは

感情のぶり返しなどがあるでしょう。


しかし
時とともに

自然に落ち着きを取り戻します。


自分にとって最善の
踏むべき手順をしっかりと踏んで


落ち着くところに落ち着けば

凪いだ心から

自然に光はあふれるのです。



flower-3111727__480~2.jpg




posted by Kaoru at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする