2021年01月28日

輝ける場所

向き・不向きがあるように
(それが土台となってはいますが)


自分にとって

輝ける場所と
そうでない場所かあります。

得意を生かせる場所に行くと

求められるし
ありがたがられるので


認められて嬉しい

喜ばれて嬉しい

やってて良かった


など

良いエネルギーが蓄積されていきます。


それは

自分を頑張らせてくれる。

元気づけてもくれる。



苦手とする分野に身をはめると

ピンと来ないし

失敗も増えるし

結果、「私ってダメダメ」と思うようなことが続くので

それは

当然
楽しくないし

やりがいも感じないし

やる気も落ちて

表情もどこか暗くなり
覇気もなくなる。

周りに必要とされていないような気さえしてくる。

本人も現実逃避を始めるので
ますますダメになっていく。

悪循環。


合わない場所だとわかって納得の上でいるのなら

自分で自分を支えて何とかやれるけれど


合わない場所で生きるのは

ジワジワと自分を殺していく。


今が苦しいのなら


生きる場所を変えてみる

それだけで救われることもある。


合わない人と一緒にいることも然り。


相性って
何にでもありますよね。

合わないと
どうしても否定的になってしまう。

一緒にいても
どちらも幸せじゃないね(笑)



誰にでも

自分が輝ける場所はある。




得意を生かせるところ

才能を発揮できるところ

居て楽しいところ

やる気が湧くところ


などなど


なぜか気になるところ などもそう。


自分にはどんな才能があるのかわからない

そうして居場所をなくし
迷っている場合には

気になることをどんどんやってみるといい。

できそうなことを
どんどんやってみるといい。


その中から
見つかる可能性が高い。


自分から遠すぎるものは

気になったり、
できる・やろうとさえ思わないから。



これまでやってきたことが

いつか結晶することもある。


このために
あのことをやってきたのか と
わかるときがくることもある。


だから

それまで

やりたいことをやり続けてみよう。


background-3837119__480~2.jpg





posted by Kaoru at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする