2021年01月02日

傷は癒される

カイロンという
土星と天王星の間をおよそ50年の周期でめぐる天体があります。

占星術では、カイロンが表すものは

魂の傷。


ホロスコープにこのポイントがあるということは

すべての人がもれなく心に傷を抱えているということです。


しかしこの心の傷は克服することで癒し手となることもあることから
「傷ついた癒し手」と呼ばれ「才能の架け橋」ともなるのです。


ネガティブなパターンが発動したり
傷つきやすかったり、傷つけてしまったり。

「傷」となりやすくはあるのですが


その分、痛みを癒すために努力するポイントでもあります。


自分の傷を
十分に癒せると

次の段階があります。


同じ傷を持つ人を放っておけない のです。
それは、自分を救う軌跡でもあります。


カイロンが「傷ついた癒し手」と呼ばれるのはこのためです。

自分に授けられた才能を発揮することにも繋がります。


心の中にある「苦しみ」は

いつか自分を強く育てます。

体験したからこそ「発言力」が生まれる。
同じ傷を持つから響く。


惹き合う周波数があるのです。


自分の傷は誰かの傷に繋がっている。


すでに克服した人は師となり
同じ傷を持つ人は同志であり
傷ついた人には自分が師となりうる。


光を届けることができるのは
深く傷ついたから。


深く深く沈んだ底まで光をあてられるのは
「底」を体験したからこそです。



「傷」は「才能」です。



sea-3255634_1280~2.jpg





posted by Kaoru at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする