2020年11月06日

二極化思考がネガティブを生む

ポジティブに生きようとするとき

必ずネガティブは現れる。


なぜなら
この世界には
右があれば左があるから。

ではどうすれば

その二極化をなくせるか?

右も左もあれば
「真ん中」もある。


「真ん中」であるということは

右にも左にも振り回されていない状態。

右でも左でもない、
上昇するポイントでもある。

それは
日常的には
どんな状態かと言うと


わたしたちの人生には
本来

ネガティブ(否定的)なものなどなく

どんなにネガティブに見えても
そこにはポジティブな側面もあり
魂レベルで見れば
どんな体験も自分の成長を促す体験でしかない

そのように思えていると

不思議に
ポジティブにもネガティブにも振り回されないということ。


良い悪いは
自分で決めているだけであり

本来は
良いも悪いもなく

ただ在るだけ。


ただ在るもの
意味をつけて

「自分の人生」を生きているのは自分のジャッジです。
(それが個性でもあるのたけど)


どんなことにも
光の側面はある と

深い意味を感じようとしていると


本当に見えてきます。


その状態こそが
良い悪いを超越した状態なのです。


結局、光の側面しかないと気づくから。


そうなれば
ラッキーを待つことも
幸運を願うことも
幸せになりたがることも必要なくなります。


だって
いつだって「光」だから。


そして
その心が
人生に
あらゆる素晴らしい体験を起こしてくれます。

ふと気づいたら
すべては
既にあった、とわかるでしょう。


christmas-tree-1149619_1280~2.jpg





posted by Kaoru at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする