2020年10月08日

善意を信じる

否定してばかりいるのは

否定される相手も嫌かもしれないけれど

否定する自分もダメージを受けるものです。


ひとつの行為には

その奥に

それぞれの思いがあり

それは
初め
善意からであったとしても


自分にとって都合が悪ければ

相手が悪者になる。



この位置関係が
ケンカの種(笑)


なぜなのか?

意味なく動いているわけではないことに
思いを馳せてみると

言い過ぎたな、と思うこともあるのです。



想像力を働かせてみると
自分の思うことと違う感情が広がっていることもあります。


それごと否定していると

お互いが渇れてしまう。



理解しようとするだけで

いい方に解釈するだけで


避けられることはたくさんあります。



clouds-210475__480~2.jpg





posted by Kaoru at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする