2020年10月31日

批判的な気持ちが出てくるときは

スマホで撮った写真では

とてもその美しさは伝わりませんが(笑)

今日は満月がとても美しかったです。

夕方
地平線近くの満月の幻想的なこと!



IMG00125~2.jpg



オレンジ色のくっきりとした月。
澄んだ空気に、心も澄み渡るようです。


心に溜まった澱は


時々浄化してあげましょう。


相手を責めたくなるとき

自分の心の内側は
混乱して
重苦しくて
しんどい


こんな気持ちであるかもしれませんね。


実際に

攻撃や責める心、言葉が

自分を傷つけてはいなくても、


悪口を言う人を見るだけでも

自分の心に傷がつくことがあります。


その同じ口が

別の場所で


自分の事を悪く言い、嫌われる、攻撃されることを想像させ


自分の心を不安定にしてしまう。


この揺れに耐えるのは

思っている以上にエネルギーを使い

疲労困憊します。


どんなに休んでも休まらないという循環を生みます。


気づいたら
自分で自分の運気を落としていた・・・ということにもなりかねません。


自分を不安定にしてしまうネガティブな思いは


相手を非難したり責めたりしたくなるときにも

同じように自分を苦しめています。


相手に向けたつもりでも
実は
自分の方にも
その矢は向いているのです。


相手を攻撃する思いは

自分もどこかでそのように思われる、攻撃される、という思い込みを確かにします。

自分が怒りや憎しみ、相手への攻撃心を手放すと

自分に向いていた矢も消えるので


平安は戻ります。


自分に余裕がないと

他罰的になってしまいます。

人のせいにした方が簡単だし楽だから。

そうやって
実は
自分の心を守っているのかもしれませんが



やはり
いちばん確実なのは

相手を非難したくなったとき

その思いが自分自身を苦しめると知り

自分で「怒り」を収めると

心も静かになります。

自分で自分の傷を癒すことになるのです。


その凪いだ心は穏やかな現実を見せてくれます。

傷を癒すことは

自分の中の傷ついた心や

傷ついた関係性を癒していきます。




凪いでみて初めて

自分がいかに
相手を責める心を持っていたかに気づきます。


相手を責めても

心は穏やかにはなりません。

むしろ
周りの人が誰かを責めているシーンを目にしたりして
より不安定さを増してしまう現実を呼ぶ。


自分の中の繊細な感受性が反応して苦しいとき


「それでもいいほうに信じる」

それができる自分である

そのように自分を認めるだけでも

傷ついた関係性から抜け出すことができるのです。




出口は
すぐそこまで来ています。






posted by Kaoru at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

夜明け前の心細さ

心についたクセは


実際に嫌な思いをするから嫌いになるのか


嫌いだから嫌な思いをするようになるのか

どちらが先かハッキリと言えないこともあります。



たとえば
自分が苦手意識を持っていると

それは相手に通じて
相手にも好かれない


でもその苦手意識がどこから来ているかというと



過去の「嫌な体験」に関する記憶から来ていることも往々にしてあって


嫌な体験が来るのが先のように感じたり
外側から持ち込まれた困難のように感じられたりするけれど


実は
自分の中にも「厳しさ」があって

そちらが発動しているのが先かもしれない。


自分では気づいていなくても。
自分では気づきにくいから。


でも
それがキッカケで
「問題」は起きているかもしれなくて


「自分の中にあるから、外側からやってくるように感じる」

この悪循環を断ちきるためには


まずは自分でそのことに気づくのが大切で


気づくことができたら

その苦手なこと、嫌なこと、コンプレックスに感じていることを
どんな時に発動するのかを冷静に観察して


ポジティブ変換することができれば

弱みを強みに変えることも可能です。


自分を客観視することは
なかなか難しいけれど。


それを大きく支えてくれたのは

ホロスコープリーディングなどの
「自分の設計図」に触れるものでした。


どんなことも
自分に帰結する、ということが、客観的にすごくよくわかります。


ひとたびそのウィークポイントに気づいてしまえば、

その部分を洗練させることもできます。


そのときの気運によっては、
ウィークポイントが強調される時期もありますから


そのときほど

向き合うチャンスです。


そういう時は
自分のよさを出しにくく感じられ

嫌なことを強く感じられるものですが



それもこれも

「気づいて」「洗練させる」ため。


気づいてどうなるのか。


それは「準備」の始まりです。



その部分を修正して

よりバランス良くして


バランスのよい人生を送るため。


つまり、自分の望む未来に繋がるため。


望む未来にふさわしい

成長と断捨離が

先に自分に起こっているのです。



きつい と感じるときほど


明るい未来は
目の前に来ている。


夜明けをじっと待っているときに似ているのです。



nature-3362956_1280.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

目と耳から入ってくる情報は心に沈んでいく

思っていることと言葉が一致していると
言葉には力が宿ります。

他者に与える影響としても
自分自身に与える影響としても。


他者には、説得力や信頼感として伝わりますし

自分には、深いところに届くので
思いが叶いやすい状態をつくることができます。

毎瞬
自分の使う言葉やイメージが
心に刻み込まれるのです。


ありがたい、と思えばありがたいことが。

感謝していれば、自然に感謝があふれることが実際に起こるのは、このためです。

人に恵まれる、と思っていれば、善き人に恵まれる。


日々
ネガティブなことを耳に入れていれば


自然に自分の運気も下降します。


「ここ最近、“やる気”がでなくて気分が落ちるな・・・」

そんなふうに感じたら、
自分が日頃「聞いていること」は

ポジティブ
ネガティブ

どちらが多いのか

精査してみるといいと思います。


そして、極力

他の方の耳に、ネガティブなことをいれないようにすることも

大切なマナーと思います。


aroma-906137__340.jpg






posted by Kaoru at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

授けられているもの

人間はみな
なにほどかの純金を持って生まれている。

聖人の純金も
われわれの純金も変わりはない。

吉田松陰



angel-of-peace-2294089__480.jpg





posted by Kaoru at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

魔法のような本当の話

人間関係で葛藤を感じたり

ギクシャクするような関係性があるのなら


試してみてほしいことがある。


面と向かって謝ったり
素直な気持ちを言ったりすることに抵抗があっても


人知れず

心の中で「ありがとう」と言ってみること。

本人に直接言うわけでもない、
謝るわけでもない。
許すわけでもない。

ただ、
心の中で呟くだけ。


思うだけでも腹立たしい
思い出したくもない

そのように思うかもしれない。


嫌悪感しか感じないかもしれない。


でも

それを乗り越えてやってみると


現実に不思議な変化を感じられることも確かにあるのです。


そして

そのようにやってみて

心の中に「わだかまり」がなくなると
(心の中で呟けただけでも)

ある領域で
道が拓いたり
光がさしたりと

なかなか動かなかったことなどにも

変化が起こることもあるのです。


ひとつ言えるのは

誰かを嫌いなまま
憎んだまま

つまり
心の中にネガティブな想念を抱いたままでは


現状は変わらないということ。
不満はそこにあり続けるということ。

それが発信源となって
呼応する現実をつくってしまうということ。

相手にも、
不愉快に思っていることは悟られるということ。

心の中の状態は
自分で思うよりも
相手に筒抜けで(笑)


ひとつでも
自分の心の中に「許せない」ものがあると

自分のところにくるはずの何かの「到来」を「許せない」。

「許せない」というエネルギーがあり続ける限り

自分の領域に「許されない」ものが存在してしまう。


それが、もし、
自分が心から望んでいることを
遠ざけているとしたら・・・?

望んでいるものが自分の元に来るのを
「許せない」エネルギーに阻まれているのだとしたら・・・?


実際に話すことはできなくても

心の中で先にやるだけで
(ありがとう、だったり、
感謝します、だったり。)

そのエネルギーは
相手に伝わるようです。


少し
態度が変わったり
向こうから謝ってきたり。


深いところで
ひとつである私たちの心は


好きであろうと嫌いであろうと

分け隔てなく
繋がっていて


それは
ちゃんと届く。


だから


先にエネルギーを動かそう。


先に決めよう。


決めれば、動くから。


自分を幸せにするために
喜びで満たしておこう。



rose-3072698__480.jpg





posted by Kaoru at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

自分をよく知るためには

比較対象はたくさんある方が、自分のことがよく見えてくる。

たくさんの人と出会い、知り、交流し

たくさんの経験をしたほうが
それらを自分に生かせる。


すごい人を見て
自分の限界を知ったり

頑張る人を見て
自分ももっと努力できると思えたり

自分のこれは
ひょっとしたら上手な方なんじゃないか
と気づいたり。

それでも、これに関わりたい、
と、本当に「好きなんだ」と気づいたり。


体験は発見の宝庫だ。


たくさんの感情を知って
豊かになって


あたたかい人になって


あたたかい人と暮らそう。



目の前にいる人は
自分を映している。


kittens-1916542__480~2.jpg





posted by Kaoru at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

無邪気さが分離をかき消す

明るい見通しや
前向きに気持ちを保つことは

現実によい影響をもたらしますが

それには
ちょっとした「コツ」が必要です。


過去の私もはまってしまった罠なのでわかるのですが(笑)


望みを叶えようとして

思い通りにしようとして


無理矢理
思い込もうとした「前向きさ」には


同じだけの「影」ができるのです。


ポジティブを出せば出すほどに
内側には
「そんなのあり得ない」
「なれるわけがない」

知らず知らず
正反対のものを溜め込んでいる場合には


そちらの方が現実化してしまう。


外側も内側も一致していると

現実化は加速します。


日々
耳にする言葉は
知らず知らずのうちに
周囲からネガティブな想念を吸収することになるので

精査したほうがいいでしょう。


自分の思考がどちら寄りかを知っておくのは大切です。


日々、どんなことを考え、
何かのとき、心がどちら側に反応するのか。


自分の心がマイナスに反応した場合
ポジティブ変換していくことが
大切です。


心の中で練習をして
少しずつ上手になっていきましょう。


心の曇りを祓うと

まっすぐに光が通るようになり

まっすぐに世界を見られるようになります。


そして
自分が言う「言葉」は自分の耳も聞いています。

ですから
よい言葉を使う
元気になれる言葉、幸福感を感じられる言葉を使うようにする


言葉を前向きにする努力は

つまり、日々、自分の耳に届く言葉の質を変えていくことは

いずれ心に深く届くようになるのです。


なぜなら
日常的に使うということは

そこに「無意識に」も含まれるから。


意識的に思い込もうとする方法は
心に真逆のものも溜めてしまうけど


無意識にやってしまうことは
直接届く。


深く刻まれているから
「意識」をすっとばして
「無意識」に言ったりやったりしてしまう。


そこに直接届いたものが
現実に影響を与えている。

子供みたいに
そのまんまを届けると
現実は叶える方に動く。

だから
自分の耳が聴く言葉を大切に。



space-2638126__480.jpg





posted by Kaoru at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

探していると現れる光

次に必要なものがあるとき

既に見つけていたり(これが使える、と気づく)

ちょうどよくたまたま目にしたり

気になって調べたら見つかったり


積極的に探しているわけではなくても

自然に目の前にあって

あ、これが使えると気づいたり。


次のステップを意識すると共に

次に必要な材料が整っていく。



タイミングよくもたらされる
自分にとっての必要なもの。



その道を行くと決めると

既にその道の上に必要なものがあったと気づく感じ。


あなたの頭の中にいつもあるものは何ですか?


そのことで
あなたの人生は構成されています。


意識を少し変えるだけで
人生を構成するものを変えられます。

自分の望みのものに。

window-882980__480.jpg





posted by Kaoru at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

決めると拓く

決めて動く

すると
拓く道がある。


その時の動力源は

日々の心がけ(積んできた徳)によって運ばれる。


確かに心はそのようにしっかり定まっていると


岐路にきても
どちらを選べばいいのかがわかる。


迷って見えなくなっていたとしても

その時の波動(心の状態)によって

どちらを選んでも
大差なく

明るい見通しと
前向きな心で

いくらでも
上昇気流はつくれる。


遅いということなどなく
いつからだって

今すぐにでも


新しくスタートはきれるし

発展させることはできる。



諦めさえしなければ


エネルギーは向上を続ける。


そしてその方が気持ちがいいはず。


魂の本質は
真・善・美
進化・向上
発展・拡大だから。


やってみるとわかる。

喜ばれる
ということは

肯定感を増し
自分の存在感をも上げる。


ここにいてもいいんだ

これでいいんだ



確かに思わせてくれる。



clouds-210475__480~2.jpg





posted by Kaoru at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

成長の機会は毎日の中に見つかる

「人の振り見て我が振り直せ」


他者との関わりや
自分に起こることを通して
成長の機会はやってきます。


他者を見ると
そこに自分を置き換えることで
客観視ができます。

過去に自分が言ったりやったりしてたことを

今度はされてみたり。


それで自分がどう感じるかで

体験することになるのです。


過去の自分には余裕がなく未熟でもあり

そのようにしかできなかった。

けれど

同じことをされてみると

とう感じるかはまた別で

あれから自分も成長して
考え方や価値観も変わっていることもあるので

過去の自分と同じ対応をするとも限らず。



ただ
客観視できたとき


あのとき、迷惑かけたな(^_^;)

とか、言われても困っただろうな(^_^;)

とか、いろいろ感じることもあるわけですが


今の自分で
それらを踏まえ
どう生きていくか が

大切なので


そのように思考が変わると


日常すべてを成長の機会にできるし

気づきのチャンスにあふれているとわかる。


目の前の状況、人間関係などに、どのようにしたら善処できるか?

を考えることで道が見つかります。


「神さま(信じるもの、何でもOK)に試されているのかもしれない」という目線も
前に進むのを助けてくれます。


確かに
困難を乗り越えたとき、
自分なりに対処できた! というとき

そのあとに「ご褒美」が来ることもあります(笑)


だから宿題は
はやく片付けよう(笑)



road-3133502__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする