2020年09月01日

好みの問題。それぞれに好きなものを選択すればいい。

何だかんだ言って
うまくいく人生を送ってきた人は

それでうまくやってこれたから
これでいいんだ という思いが強くなりやすいし
私は正しいと思いがち。


それはそれで
いいことなんだけど


デメリットもあって。


なぜかうまくいくから
他の可能性や目線に意識が行きにくくて

井の中の蛙になりやすく

それ以外の価値観を受け入れない。

(話は聞くけど、でも、と返してくる感じや、悩みがあると言いつつも、ではこうしては?と奨めてみると、自分の意見を通そうとする感じ、他の意見を聞かない感じ)


周りの人には
視野が狭いな〜 とか
自分をおしつけてくるな〜 とか
正しさをアピールしてくるな〜 など

そんなふうに見えても

当人は気づいていない感じなどでしょうか。



あまり苦労をしないで育つと

他の人が何を求めているのか とか
何に傷つくのか ということにも鈍感になるみたい。

なおかつ
コミュニケーション力が乏しかったりすると


気持ちが行き違い
責められることも。

責められたって

こんなふうに思うのが普通(常識)と言われたって

自分が正しいと思っている以上

変えることは難しいのに。


ただ、そのように生まれ、育ってきた、というだけで。


逆に
心労が多くて
自分の人生、自分でもホントにしんどかったわ、と感じながら生きてきた人は

つらい思いをした分


相手の気持ちを察することができたり

裏腹や

変化球な感情に気づけたりする。


それは

これまでの苦労の賜物でもあるのだけれど

そして周りからの評判は良くても
自分はいつまでも辛さを感じたまま。

なんてこともあったりする。

結局は
自分がしてほしかったこと を
やっているに過ぎなくて

そこで共鳴する人がいるだけなのだけれど


どちらが幸せか?


それは
自分の魂が
「ある意図を持って」
選んで生まれてきている。


そのようにしか生きられない

ということもある。


どちらが幸せか よりも


今あるものを愛し大切にする 生き方を選択する方が

道は拓けていくのかもしれない。


なぜ
そのように生まれついたのか

ちゃんと計画がある。


気づいていなかったとしても

そのように生きているもの。


誠実に(自分に嘘なく)生きていれば

必要なことは
全部
自分の人生に現れます。



luggage-1799224__480~2.jpg





posted by Kaoru at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする