2020年08月07日

もまれると強くなる

今となっては
何であんなことをくよくよ悩んでいたのだろうと思えるのですが

若くてピュアなころの自分(笑)には
大きな問題でした。


感受性が今よりも高かったこと

自分の心の立て直し方を知らずにいたこと

何でも真面目に100%受け止めていたこと

感じやすく未熟なため傷つきやすかったこと


魂レベルで見て
そういうことを気にするような設計図を持っていたこと(同じ問題が他の人にはどうでもよくて、自分には重くのしかかっている)

など
考えられることはありますが

全体的に見ると
なぜ
特有のそのことにこだわり、悩むのかにも
ちゃんと意味があったりします。


どの領域で
傷つきやすく
思い悩むかによって

未来の自分が
どのような佇まいの人となり

周りにどのような影響を与える人となるのか

ある程度みることができます。


生まれたときから
自分を鍛えている
ということもできて

人生は
それらの荒波にもまれ

時におぼれかけ

浮き上がるのを諦めもし

でも
波間から光を見て手を伸ばし

時に救われ

上手に波乗りできるように
成長していくものなのかもしれない。


波乗りの
楽しさを覚えると

波にさらわれたり
のまれたり

落ちたり沈んだりすることも

楽しめるようになる。



wave-1913559_1280~2.jpg





posted by Kaoru at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする