2020年08月03日

すれ違うのは、悪い方に解釈するから

揉め事の多くは

ボタンの掛け違い




そもそもが善意の思いからなのに


悪い方
悪い方へと受けとるがために


「揉め事」
「問題」へと発展していく。

双方の関係に亀裂が入る。



悲しいことです。



なんでも

良い方
良い方へと受け取って


言ってくれて
教えてくれて
ありがとう

ごめんね


が言えれば



それで収まることが
たくさんあるのに。



あれこれ言わず

「わかった」で終わることもあるのに。


余計な一言がくっつくがために
「問題」が長引いたり、こじれたりする。




上司・部下の関係性だと


部下は言われて嫌なことは
たくさんあるかもしれないけれど


言うのも
嫌なものです。


本当は言いたくなくても
仕事柄や立場上

言わなければならないこともある。


親しい間柄の場合

少し感じた違和感を
放っておくと

それが積もって
積もる間に「怒り」がくっついて


伝えるころには
怨念に育っている(笑)


だから
聴かされる方も受け入れがたくなっている。


そして
何だか嫌いになっている



嫌いになりたくないから言うこともあれば

もっと良くなって欲しいという気持ちで言うこともある。


言わない・諦める
ということでバランスをとる人もいれば

言わなきゃ気がすまない人もいて


たいてい、文句、不満が出るときは
自分の都合からですが


その場合には
少し目線を動かして
相手の立場や状況を理解しようとするだけで
プンプン💢💢💨が収まることがあります。


全体を見て
バランスを保つために
アドバイス、忠言として出てくる言葉もありますが


それにどのように反応するかも

個人の意識によるでしょう。


いっつも文句ばっかり・・・うるさいなぁ

思うようであれば、それがその人の限界でしょう。


言ってもらえて(自分の成長に繋り)ありがたい・・・
(嫌な役目をさせてしまった)
と思えるようであれば、成長の可能性はあります。


どのように反応したとしても
すべては自分にかえってきます。


調和するのはどちらでしょう。


成長・調和するということは


自分の人生に喜ばしいことが増えていく


ということでもあります。



lavender-2430927__480~3.jpg





posted by Kaoru at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする