2020年05月20日

望みの反対側

こうなりたい

こうしたい

ああなったらいいのに


そのように望んで

頑張ってみるけれど

なかなか思うようにいかない

思惑とは違ってガッカリすることが多い


そんなことありませんか。


実は
強く望んでいると同時に


強く打ち消していることもあるのです。


希望を持って動いたとしても
どんなに明るくいようと思っても
悲しいことばかり・・・


そんなときは

「望みの反対側」を見ることが大切です。


どうせ私には無理

そんなこと私に起こるわけがない

また無理に決まってる

どうせ同じことの繰り返し

私は◯◯が悪いんだ

やっても無駄



それらは
強く望めば望むほど

同じちからで
膨らんでいくこともあります。

こんなときは
望むのをやめてみる

というのがまた別の切り口を用意してくれたりすることもあります。


そうとは知らずに
時間をかけて積み上がってきてしみついた思い癖

などがある場合には

そのことに気づいて

また時間をかけて
自分の意識を変えていくことで

少しずつ好転していくことがあります。


失敗を怖れて
また同じことになる、と怖れて

同じことになったときに
ガッカリしないように
初めから
どうせ失敗するに決まってる
ダメに決まってる


と思っていると
やっぱりダメです(^_^;)

どこかで
ダメだとわかっているからです。


毎日聞く言葉は
知らず知らず心に浸透していきます。
思考も似通ってくることもあります。

耳に入ってくる言葉を選ぶと思考も変わってきます。

毎日耳に入ってくる言葉や目にすること、雰囲気などに影響されることもあるのです。


入ってくるものに押されて

奥深くに隠された
気持ちたちに気づいてあげると

いかに

自分を放ったらかしにしてきたのか

自分をいじめ続けてきたのか

本心を無視し続けてきたのかがわかり


愕然と(号泣)することがあります。



本当は
こうしたかったんだ
こう思ってたんだ


を大切に。



耳や目を汚さないよう

たとえ入ってきても
心はクリアに保てるよう

気持ちを強く持って

誰にも汚させず
侵させずに

時に美しいとのに触れて
自分を立て直して


自分を暗く重くするものとは
サヨナラしてもいいのです。

(私のように持病があったりして、サヨナラできないケースもあるかと思いますが、そんなときは、一生、一緒に生きていく、限られた時間の中で、めいっぱい、幸せになっていく、と決めたり、幸せな時間もある、と幸せ探しが上手にできるようになったりして、すべてを受け入れられると、課題はクリアしたも同然です。気にしなくなっていくので)



ひとつずつ
重りを外していくように
心の中も整理していきましょう。

たとえリスクがあったとしても
自分が深く納得しているのなら、軽やかに超えていけます。



background-1587514__480.jpg
posted by Kaoru at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする