2020年05月06日

子供の輝く瞳

以前、友人から素敵なお話を聞かせていただいたことがありました。


戦後の動物園で

埃にまみれた子供が入園料を払わずに園内に入っていくのを
受付の職員が見つけ
それを咎めると

園長が
「見逃してあげなさい。綺麗な身なりをしていようと、みすぼらしい格好をしていようと、動物を見る目は、同じように輝いている」と言ったのだそうです。
(記憶が曖昧で、細部の表現が変わっているかもしれません💦)


(一時、子供の入園料は無料になったようです。戦後に家も親もなくした子供たちがたくさんいて、その子たちがみんな動物園に入りたいだろうと、当時の園長さんが、子どもは無料で入れるようにしてくれたそう)



子供の無邪気さ、健気さに触れると
無性に泣きそうになるのは

既に
私が無邪気さや
輝く目を失ってしまったからでしょうか(笑)


また
やり直せる

人生は何度でも生き直せる


希望は生きている。



あふれんばかりのエネルギーと

素直さと
純真無垢さ

立ち直りの早さ

喜んでいる顔


好きなものの話をするときの
キラキラした目、イキイキとした笑顔を見ると


いつも「無限の可能性」を思い出させてくれるのです。



kids-2030260_1280.jpg





posted by Kaoru at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする