2020年05月02日

心を空にする

過酷な環境下では

自分の心を守るため

心を空(くう)にする。



本来

痛みや
喜び

嘆き
感動

あらゆることを感じられるのが
この世界で

何を感じてもいいのだけれど

時に
自分を守るために



感じない
動じない
意に介さない

をやる瞬間があってもいい。



「空」

自分のこころ、
存在さえもなくなれば

そこには
悩みは存在できない。

悩みの種がなくなるのだから
悩むこともなくなる。


とは言え
この境地に至るまでが難しかったりするけれど


心は軽くなるし

慣れてしまえば
いつでも

このフラットな状態にはなれる。


心を(自分を)殺す のとは違う。
静かでありながらも
そこに喜びはあるか?
幸せを感じられているか?

苦しいのであれば
自分を殺している。



「フラットな状態になる(空になる)」には
他にメリットもあって


「空」であるがゆえ
光を通しやすいこと
自分の光(善良なる部分)が現れやすいこと

受信状態であるため
いろんなことを受けとれること
(もちろん、善良なる部分がむき出しになっているので、それに応じたものが来る)

いつでも
平穏を思い出し
平和になることができる。



background-1587514__480.jpg





posted by Kaoru at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする