2020年05月21日

自分を曇らせるのはネガティブな想念

疑い

嫉妬

僻み

拗ね

不信

怒り

憎しみ

不満

不安



これらの想念で心を曇らせていると

本来の自分を発揮できない。


周りにそのように見られても
相手のエネルギーが干渉して

本来の自分を発揮できない。


(実際に相手が思ってはいなくても、自分が「そのように思われてる」と思うだけでもエネルギーは下がります)



身体にも不調が表れたりする。



心が弱るとパフォーマンスも下がるし

効率も落ちる。



心が曇ることにより
周りからの言葉は
自分に対する攻撃のように聞こえ


自分を守るためにますます
心は曇りを増してゆく。


自分を貶めないように
心を明るくクリアに保ち


日常の中で
良い側面を見つけ

他者の言動も
良い方に解釈し


すべては完璧に運んでいる、
しっかりと守られている、

という感覚を強くして

時には勇気を出し

毎日を過ごしてゆく。



明日は
どんな日にしたいでしょうか。


自分の内側を調えれば

目の前に映る世界も
次第に幸運に満ちた日々へと
変化していくことを感じられるでしょう。



信じていれば
信じる通りに展開していくのです。



rose-2634474_1280.jpg





posted by Kaoru at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

望みの反対側

こうなりたい

こうしたい

ああなったらいいのに


そのように望んで

頑張ってみるけれど

なかなか思うようにいかない

思惑とは違ってガッカリすることが多い


そんなことありませんか。


実は
強く望んでいると同時に


強く打ち消していることもあるのです。


希望を持って動いたとしても
どんなに明るくいようと思っても
悲しいことばかり・・・


そんなときは

「望みの反対側」を見ることが大切です。


どうせ私には無理

そんなこと私に起こるわけがない

また無理に決まってる

どうせ同じことの繰り返し

私は◯◯が悪いんだ

やっても無駄



それらは
強く望めば望むほど

同じちからで
膨らんでいくこともあります。

こんなときは
望むのをやめてみる

というのがまた別の切り口を用意してくれたりすることもあります。


そうとは知らずに
時間をかけて積み上がってきてしみついた思い癖

などがある場合には

そのことに気づいて

また時間をかけて
自分の意識を変えていくことで

少しずつ好転していくことがあります。


失敗を怖れて
また同じことになる、と怖れて

同じことになったときに
ガッカリしないように
初めから
どうせ失敗するに決まってる
ダメに決まってる


と思っていると
やっぱりダメです(^_^;)

どこかで
ダメだとわかっているからです。


毎日聞く言葉は
知らず知らず心に浸透していきます。
思考も似通ってくることもあります。

耳に入ってくる言葉を選ぶと思考も変わってきます。

毎日耳に入ってくる言葉や目にすること、雰囲気などに影響されることもあるのです。


入ってくるものに押されて

奥深くに隠された
気持ちたちに気づいてあげると

いかに

自分を放ったらかしにしてきたのか

自分をいじめ続けてきたのか

本心を無視し続けてきたのかがわかり


愕然と(号泣)することがあります。



本当は
こうしたかったんだ
こう思ってたんだ


を大切に。



耳や目を汚さないよう

たとえ入ってきても
心はクリアに保てるよう

気持ちを強く持って

誰にも汚させず
侵させずに

時に美しいとのに触れて
自分を立て直して


自分を暗く重くするものとは
サヨナラしてもいいのです。

(私のように持病があったりして、サヨナラできないケースもあるかと思いますが、そんなときは、一生、一緒に生きていく、限られた時間の中で、めいっぱい、幸せになっていく、と決めたり、幸せな時間もある、と幸せ探しが上手にできるようになったりして、すべてを受け入れられると、課題はクリアしたも同然です。気にしなくなっていくので)



ひとつずつ
重りを外していくように
心の中も整理していきましょう。

たとえリスクがあったとしても
自分が深く納得しているのなら、軽やかに超えていけます。



background-1587514__480.jpg
posted by Kaoru at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

運のいい人

運のいい人は

仕事の効率がよく
タイミングもよく

なぜか自然にうまくいく。

失敗がひっくり返ることすらある。


最強の味方は「運」なのかもしれない。


なんとかなる

できる

という、
根拠はなくても
確信ができていれば


それは起きる。


ちょっとしたことでも

事の成り行きに影響することがある。



運のいい人は

誰が運がいいのか(運気が上がっていくタイプなのか)がわかる。


だから

「なぜかうまくいく」連鎖ができる。


居心地のよい繋がりをつくることができるのです。


運を良くするためには

たくさんの方法があります。

核心さえつかんでいれば

応用できます。



本当に大切なことは何か、ということです。


prague-2819457__480.jpg





posted by Kaoru at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

実はどちらも自分で選んでいる

いい波
悪い波


等しく
やってきます。


そんなときもあるさ

楽観し


であれば
どう対応するか にフォーカスし

誠実に向き合う


人生は

設計通り

起こるときは起こるし
起こらないときは起こらない



それだけ。


自分から見て

良くも悪くも


魂の意図通り。


であるならば


あなたはどうしたいのか?

どのように対処したのか?



人生は決まってくる。


何かあったとき。


「今はそういうときなんだな」と
静かに対応するか


「これをどうクリアしてやろうか」と
前向きにとらえられるかで


結果が大きく違ってきます。



どのように生きようとも

始まりは


自分がどのように
エネルギーを使った

です。



chess-637745__480.jpg





posted by Kaoru at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

魂が望んでいることは渇れない

「天職に出会う」


幸運にも
自覚できる人もいれば

探し続けている人もいて

出会えなくて
ずっと悶々して・・・というパターンもあるでしょう。


出会いのタイミングとしては


「苦難を乗り越えたときにご縁があった」

「いい意味で諦めて執着を手放せたときに出会った」

「素直にやりたい衝動に従っていたら、いつの間にかやれていた」


など
自分の状況を受け入れたときに

ふと
出会うことが多いように見受けられます。


ふと

・・・ではあるけれど

後で考えてみたら「兆し」は来ていた、受け取っていた、というケースも多いです。


魂には
ナビがついていて(笑)

わかるようになっている。

見つけられるようになっている。


見つけるためには


やりたいことをやってみること

やめたいことはやめること

興味・関心のあるものには積極的に関わってみること

子供の頃に夢中になれたことや
他者になぜか誉められること

自然に発展していくことなどを

続けてみること。


辞めようと思っても
辞められない理由や事情などが出てきて
結局辞められないことなどは

天職である可能性が高いです。


魂の中には
初めから設定されています。


迷うこともあるけれど
迷っているときは
たいてい

自分の思いに素直になれていないとき

頭で損得を計算して
合わないことを無理矢理やっていたり

自分を過少評価していたりします。


だから
何をやってもしっくりこない。

目が曇って
本当の望みに繋がれないから。


だから
損得勘定を抜きにして

フラットにして

純粋に
魂からの挑みは何なのかを感じてみよう。


本当は何が好きだったのか。


今の生活を続けながらでも
それはできる。


続けながら
始めて様子を見ることができる。


残りの時間が少ないと考えたとき
どんなことだけはやっておきたいと思うのか。

心の奥から
浮上してくるものを感じてみよう。



それだけは
消えないようになっている。


忘れられないようになっている。


迷っても
見失っても

また見つけられるようになっている。


dew-1507498__480.jpg





posted by Kaoru at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

望む未来を最善の形で引き出すには

未来の中から
良い結果を引き出すには


今現在の心がけが大切です。


「どんなに疑わしく見えても信じる」

「品格の低いことは気にせず良い方に解釈する」

自分の中の才能や、善なる部分を発揮する」

「世の中や誰かのために何かをしたい、という気持ちを大切にして、行動する」
(とくにこの領域は、応援者やお金などが集まりやすい)


など


素晴らしい未来につながるための方法はたくさんあります。


自分が思いつくことでいいのです。

できることを
できる範囲でやるのでいいのです。


なぜか
気になること

やってみようかなと思うこと

何度も目にする・耳にすること

それらも、ヒントになっています。


まるで宝さがしのようですね。


あなたにとって
素敵なものが見つかりますように。



gems-3418293__480.jpg





posted by Kaoru at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

笑顔の向こうに

今朝、久々にハロ(日暈“ひがさ”)を見ました。


IMG00278~2.jpg
太陽の周りに虹が見えています。
飛行機が通ったのでしょうか、斜めに線も見えます。
ジーッと見ていると、見つめ返されているみたい(笑)



テレビにつぷやいてみたり
噂話の中でも

「あなたは困っていないからそう言える」
という言葉を聞くことがあります。

「あなたの立場だからそう言える」


そんなふうに感じる心も

嫉妬や僻みにつながっているのではないかと私は感じてしまいます。


困っていないように見えても
そのように見せないだけで

大きな苦労をしている人もいます。


大きな困難を乗り越えてきていることもあるのです。


乗り越えてきたからこそ

日々の生活のありがたさをかみしめることができ

いろんなことに感謝でき
幸せでいられるのかもしれない。


本当に苦労をしていると
自然に感謝ができます。


ポジティブだからと言って

苦労を知らないわけではない。


文句を言ったり
泣いたりわめいたりできるときは

まだ苦労が足りないのかもしれない。
(苦労をしろと言っているわけではないけれど 笑)


これまでの苦労は

あなたを強く優しくしなやかにしているはずです。


本当に理解できると
「軽はずみな発言だった」と反省することもあります。


わからないことは
わからないままにしておいて

話には参加しないこともひとつの方法です。





posted by Kaoru at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

バランスと調和

この先

大切になってくることとして

「バランスと調和」が大きなテーマになりそうです。

前段階の準備として
停滞や詰まりをほどいておくこと。

検証して
必要なければ手放し

改定する必要があれば手直し

再び始めたり
開始させたりなどして


進めるか
退くかを決めて実行する。


動かしたもののバランスはどうか、
修正→実行を繰り返し
スムーズにしておく。


他には
たとえば
・お互いを認め合う(「違い」を認め合うと言い換えられるかもしれません)
・共鳴できるひと、ものを大切にする、繋がってゆく
・変に深く干渉するのではなく、適度な距離感を持って
・公平と平等、均一→安定感?(科学のちからが介入しているかも)


などのことが、今すぐにでも実践できることと言えましょう。

日々の生活の中から調えていくときには
・日々の食事
・栄養管理
・休息と睡眠
・適度な運動

などを心がけるといいかもしれません。


これらの条件は

「免疫力」を高めることにも繋がり


今のこの時期を乗り越えるためにも大切な要素となっていますね。

否応なしに向き合わされているのですね。


こうした
今の時期ならではの
適切な在り方こそが

これからのテーマにピッタリ符合している気がしてなりません。


乗り越えた先には
革新的なものたちに囲まれ

自らの志、信念を核心に
自分らしく生きていく

そんな世界があるのでしょう。



earth-1388003_1280~2.jpg





posted by Kaoru at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

少し待つ

静観する

ということには

いくつかメリットがあります。


誰かの行動に対して

自分の都合から

批判したくなるとき。

こうすればいいのに、と思うとき。


少し待つと

相手がなぜそうしたのかを理解できることもあります。


そもそも

それぞれの行動には

ひとりひとり
ちゃんと理由があっての行動だから
(自分では「いい」と思っているから、そうする)

なぜそうするのか?
を理解しようとするだけで

摩擦を減らせます。


「怒らなくてもいい子供」もいるかも。

ちっちゃい子には
ちっちゃい子の

ちゃんと理由があったりします。

わかってみると、キュンとすることが多いです。

こうしてあげたい、という善意や好意、どうなるんだろう?という好奇心などで動いていることが多いと感じます。



批判する前に
相手や
相手の立場を
理解しようと努めると

怒りもおさまることがあります。



ここで
自分の都合をおしつけて
批判したり
文句を言ったりすると


わかりあえないまま。



その立場になってみないと
わからないことはたくさんあるのです。


teddy-bear-797576__480.jpg



あ。
そうだ。


「わかってもらおうとしない」

「理解してもらおうと思わない」

(つまり、期待しない)

を、やってみたら
心が軽くなったな(笑)

posted by Kaoru at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

洗練させることは時に忍耐が要る

巻かれてしまうのは簡単。

染まってしまうのも容易い。


そこで
踏み留まって

流れに逆らう方が
よほどエネルギーを使うということもある。

でも

踏み留まらなくてはならないときもある。


品格を保つには

抗う強さと同じくらいのエネルギーが要ることもある。


泣いてしまうのは簡単。

涙を見せない人ほど
強く耐えていることもあるのです。


甘えてしまうのも簡単。

甘えられない人ほど
孤独に耐えていることがある。


どこかで
踏ん張ったことのある人は

強い。

筋力と同じで
鍛えれば
強く
しなやかになっていく。


心も同じ。

痛みや苦しみを知っている人は、強くなる。


そして柔らかくもある。



他者の痛みに優しい。



それは
苦しんだ分

悩んだ分

もがいた分


超えるのが
上手になっているし

より深く理解できるから。


つらいのがわかるから

責める気にはならないだけ。


人当たりがいい人ほど
人知れず傷ついてきていることもある。


わかってもらいにくい方が
孤独だったり
つらかったり

こっそり
誰もいないところで
あるいは
心のなかで

泣いていたりする。


涙はいつしか
渇くし

気づいたら立ち直れていたりもするけれど

その時間が
人格を磨いてくれるような気もします。



blue-3507635__480.jpg





posted by Kaoru at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする