2020年01月05日

心を柔らかくして懐を広げる

器を大きくすると
自然に入ってくる(入れられる)量が増えます。

器を大きくするということは、

たくさん食べて胃を大きくするのに似て(笑)

どんな意見をも噛み砕いて
自分の栄養にしてしまうこと

受け入れやすい助言を受け入れるのは簡単です。

難しいのは
痛いところをつかれる言葉や
否定的な言葉。

でも
実はそれは

あなたに足りないものへの補足とも言えるのです。

悪口や明らかに攻撃的な言葉、自分を高めるための相手を貶める言葉などには反応することはありませんが

自分をよく知っている人からの言葉や
信頼できる師からの言葉、
愛ある助言には
ときに

「ここをこうすればもっとよくなるのに」という視点だったり
「これをやめればうまくいく」というような

相手の経験から得た視点や価値観、体験からの
バランスを復活させるための生きたアドバイスであることもあります。


我や自意識が強かったり
未熟さゆえ

その言葉を受け取れないこともあります。
(それそのものが既に器の小ささでもあるのですが)

自分だけでやっていく
というのはやはり限界があり

自分を大きく育ててくれるのは
周りからの痛みであることも多いと思います。


その言葉を聞けるかどうかは

自分の成長のためにとても大きな影響があると私は感じています。


相手の言葉を聞けるかどうか こそが
心の柔らかさであり

器を大きくする(限界突破)ための最初の一歩。

痛みを受け入れて偏りを手放しバランスを取り戻すことができるのか。

それを認めるのは自分を否定するようで
やりにくいし難しく感じられると思います。

けれど
その先に大きな豊かさはある。


愛あるダメ出しは自分を大きく成長させてくれます。
悪意あるダメ出しは殺されて終わりです。

この違いには気をつけて
自分を伸ばしてくれる人からの言葉を信じて
バランスをつけていこう。

偏らないように
メンターを複数人みつけるのも
ひとつの工夫だと思います。

器を大きくしていく人は
人の話をよく聞き実行します。

はじめは痛いけど
それが自分のためだと思うと
受け入れられます。

言われるの、嫌だろうな〜と思うことを言うのも
嫌なものです。

それを
嫌われる覚悟で言ってくれるのだと思うと
ありがたさしかありません。


他者からの高次のアドバイスは
バランスを欠いているところや伸び代を指摘していることが多く

個性を尊重しつつ
伸ばしてくれます。

よく聞く人は
さらなるアドバイスを引き出します。

そして自分の視点だけでは得られなかった世界観や価値観、視点を得て
大きく飛躍していきます。

エネルギーの通るところに上昇気流は起こる。


痛い言葉も
自分のものにできる人は
自分を成長させることが
スピーディーにできるのです。

それはつまり
器を広くするということ。

そこには
様々な
豊かさ・才能・人脈・絆などが
自然に集まることでしょう。


こう考えると
私はこれまで
いかに自分が傷つきたくなさに

多くのアドバイスをシャットアウトし、
自分の世界に閉じこもっていたのかと
バランスを崩したときはじめて痛感するのです。


sky-264778_1280.jpg





posted by Kaoru at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする