2019年11月26日

断捨離!

ものごとは
何でも
固有のリズムを持っており

その流れに任せれば
たいていのことはうまくいくようになっています。

自分以外のことは
それぞれにお任せしておけば完璧なのです。

自分に関わりの深いものは
自分に足りなかったものを思い出させ
埋めてくれたり
求めていたものを満たすためにいろいろなことを
教えてくれたり
映し出してくれたりします。

関わり合うことが
組み込まれているので

「縁深き絆」なわけです。


そういった深い仲ですら
(遠ければなおさら)


自分の都合でどうこうしようとしたり
コントロールしようとしたり

無理やり従わせようとしたり

変えようとしたりするから

バランスが崩れる。

自分にとって良からぬことが起こってきたりするのです。


「コントロール」と「努力」は別物です。


高みを目指して自ら努力するのと

同じ高みを描いて誰かや何かを変えようとするのは

全くエネルギーの使い方が違います。


無理やり変えようとしたり
従わせようとしたり
何とかしようとしたりしても

「抵抗」に遭うだけで


なぜなら
誰だってなんだって

自分以外の何かにはなれないから。


良くなりたいと願っている人に対して、周りができることは生まれてくるけれど
特に願っても、そのように望んでもいない人を手伝うことなどできないように


個別に
タイミングがあって
進化も変化も望みもその人次第。


そもそも「何か問題が起こってくる」のは

どこかに無理があったから。
その積み重ねで崩壊しただけ。

バランスが偏っていたから、取り戻そうとして現れているだけなので

バランスを崩していた領域はどこか?を
再検証してみたり

自分のやり方を見直してみたり
(変えられるのは自分だけなので)

気づきを得るチャンスでもあるのです。


周りを変えようと躍起になるよりも

自分にできることをやる方が
効率がよいでしょう。


「過干渉」が
相手を潰すことがある。

「心配」が
相手を信用していないことにもなる。

良かれと思って言ったことでも
相手の感性を奪ってしまうこともあるのです。

本来は
固有のリズム(個人の命の流れ)に任せていれば大丈夫になっていて

今は

バランスの悪さや
大きな偏りが

正されやすい
(調整しやすい)時です。


無駄が省かれ

そのために
少し痛みを伴うこともあるかもしれませんが


壊れそうなものに執着するよりは

今は手放しのとき。


本当に自分が望むものにエネルギーを集中させるため
起こっているエネルギーの調整です。


変わることを怖れずに
抵抗せず


見送りましょう。


新たなものが
呼び込まれるから。


感情的なことは
今は通らないかもしれません。

そこまで
ドライに整理していかないと
生かせるものも生かせないので。



ある意味、自分にとって、本当に大切なものは何か?が問われています。


数年後。
自分の人生に残っているものは何でしょう。

何を残したいでしょうか?

そのためのアクションを起こしましょう。


office-2844745__480.jpg





posted by Kaoru at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする