2019年11月07日

器を広げるための、一時の乱れ

自分の人生に責任を持ち

自分の人生を形にしていく。


そのためには

実働
実践

とにかくプラクティス。


損得勘定なしに

多くの喜びのために
動けたものが
伸びていく。



一見「厄介」に見えるものは

実は神の意思をはらんでいることがあって

難しさを感じるものほど
疎まれるものほど


見向きもされないものほど

実は
純粋なエネルギーを放っていることがある。


「見た目」に騙されず
惑わされず

本質に
真摯に
向き合えるのか。



それが
問われることが増えるでしょう。


これまで慣れ親しんだ「形」のままでは
受け入れきれないから。

より多くを受け容れるために
形を変えるには

一度壊れなくてはならない。
今ある姿を歪ませて
一回り大きくなるために。


自分にとって
本当に大切なものは何なのか。


それだけが残っていく。


価値観が覆ったり
大きな変化を迎えたりして

より
器は広く大きく



自分らしく輝くために。

高く遠く羽ばたくために。


swan-584412_1280.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする