2019年10月25日

保証もない旅へ。

何の保証もない未来へと旅に出ても

いや

むしろ

未知の領域へと踏み出した方が
「奇蹟」や「起こるべくして起こる」感覚や
「守られている」などの感覚を得やすいのかもしれません。


運を天に任せる


やってみたことがあるでしょうか?(笑)


あてもないのに
安定した生活を手放して


それでも
最善な場所に置かれる不思議や


大きな病気をして
見えない力に導かれているとしか思えないような流れを体験したり。


危機一髪



八方塞がり


万事休す


そんなときほど

それでも「大丈夫」なことが起こる。


結局、なんとかなる。
(何とかしようとするしね)


迷っても悩んでも

踏み出したその先に


すべては起こる。


「願いが叶わない」と思っている領域に

踏み出しているだろうか?

まだ踏み出せていないだけなのではないだろうか?



「手に入れる」には


愛着や執着のエネルギーが要るのかもしれない。

ものわかりがいいということは

実は

実現力が低いのかもしれない。

それでも「欲しい」が足りないのかもしれない・・・


どんなに
不恰好でも
醜くても

思いに素直に
「欲しい!」としがみつけているだろうか?


しがみつける人が
欲しいものを手に入れていく

ということも
あるのかもしれない。


自分が
「そんなことは不恰好だ」と決めつけているだけで・・・


cat-659426__480.jpg





posted by Kaoru at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする