2019年10月05日

変化の前には

今までこう思っていたけれど

やっぱり気が変わった
(気持ちに大きな変化があった)


どこかに負荷がかかっている状態は「不自然」で

自分に負荷のかかる「決めごと」は

今の時期

「変化」して当然。



何かが崩れるのであればそれは

崩れるべくして崩れたものなのです。



そのことに対して

罪悪感を覚えたり
悪いことをしているような気がしたり
落ち込んだり


どうしても
気持ちがザワつくこともあるかと思います。



でも
変化の前ほど
落ち着かないもの。

これまで馴染んだ場所をはなれるわけですから

「怖さ」を感じる心は
現状を守ろうとします。



それが「壁」にもなりうるわけですが


超えていくか
現状維持かは
自分次第です。


意識して先に進めるのかどうかで

違ってきます。


けれど
自分の魂が納得するまでは


どうにも動けないもの。



そんなときには


「新しいエネルギー」に触れると勇気をもらえます。


よいほうに変わっていこうとしている魂に触れると

よい影響を受けて

自分を取り囲む環境が変わってきます。



心地よい世界に行くためには


どんなときも
自分を「心地よさ」の中心に置くようにしましょう。



通ると決めた道のど真ん中を

つらいときも
楽しいときも
健やかなるときも
病めるときも

歩いていると

ある日
ふと

視界がひらけて


成長できた自分を感じる日が来るでしょう。



自分自身から逃げないこと

(逃げてみても、逃げ切れませんが 笑)


覚悟を決めて
向き合ってみると

拍子抜けするほど


大したことではなかったと

わかることもあるのです。


japan-958679__480.jpg





posted by Kaoru at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする