2019年08月26日

必ず光は当たる

あなたに授けられた「光」は


はじめ

誰にも理解されないかもしれない。


いじめられたり
仲間はずれにされたり


笑われたり
バカにされたり
否定されたり


「特別な輝き」は

他に例がないばかりに

「孤独」であるかもしれないのです。


でも


虐げられた領域は


あなたにとって

とてつもない「ギフト(才能・魅力)」かもしれないのです。



生まれたての「光」は
なぜか

「闇」をまとっている。


これまで
あなたに
災いしか運んでこなかった



あなたが思い込んでいる領域があるならば


それは

これから
思いがけずに花開いて


誰もが欲しがり
羨ましがる


「才能」として

認知されていくのかもしれないのです。


繊細であるがゆえに
傷ついた心。


感じやすいがゆえに
感じなくてもいいものまで
感じてしまう感受性。


それが足を引っ張っていたのだとしても


いずれ

吹っ切れて
自分を表現できる日がくる。



恥じることなく

堂々と

自分を生きていくといい。


あなたの「舞台」はずっと足元にある。



theatre-430552__480.jpg





posted by Kaoru at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする