2019年07月07日

自然に求めるものは、生まれたがっているものでもある

自分の人生に必要なものは


必要な分だけ

自分で望むものなのですね・・・


その時々、
重ねる年齢によって
(そして、時代によっても)

それは少しずつ、形を変えて・・・


人目を気にして
周りを気にして
たとえ、これまで禁止されてきたことだったり
いけないことだと教え込まれてきたことだったりしても

自分の中で
生まれたからには
ワケがあるはず。


だから
その事が気になるし
感情的にもなる。


自分の中から
わきあがる
素直な心に気づいていれば


そして
それを素直に表現してあげれば


自分の人生、

なるようになるのだと

改めて思います。



もっと
望みに自然でいい。

自分の思いに素直でいい。



自分の成長を遂げたあとは

関わりあいの世界へと移行していく。



自分が自分で在ること

自分をとりまく世界は変わっていく。


だから

どんな自分でいたいのか
どんな世界に住みたいのか
どんな人たちと一緒にいたいのか


これらをハッキリさせて
そのように信じていると

そのようになっていく。

自分をとりまく世界を称賛していると

世界は美しくなる。



japan-2061468__480.jpg





posted by Kaoru at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする