2019年06月29日

ねばり強さが道を拓く

諦めずに
志を持って挑戦し続けたものに
神風は吹く。


それはたとえば

社員のためを思って
新しく出したアイディア(大胆な進路変更)だったり


研究に研究を重ねて行き詰まったとき
ふとしたことで
ひらめいたアイディアだったり

偶然から生まれたものだったり


そこには
何か
人智を超えた力が働いているように見える。


どんな状況でも
諦めずに

誰に何を言われたとしても

粘ったものの勝利。



「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」

「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう」

「人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに、気づかなかった人たちである」

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、つねにもう一回だけ試してみることだ」

「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている」

「成功する人は“思い通りにいかないことが起こるのは当たり前だ”と分かって挑戦している」
トーマス・エジソン




「扉が閉じたら、もうひとつの扉が開く。だが、閉じられた扉をいつまでも悔しそうにじっと見つめていては、別の扉が開いたことに気づかない」
グラハム・ベル




「失敗や挫折をしたことがない人とは、何も新しいことに挑戦したことが無いということだ」
アルベルト・アインシュタイン




book-2304389__340.jpg





posted by Kaoru at 20:21| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする