2019年06月01日

「ありがとう」と喜びの波動

これまで


いつも

つらかったり
苦しかったり
不安だったりしたとき

必ず
先に希望を感じさせてくれることが起こって


あるいは
とても親切にしてくださる方が現れたり
(自分にメリットなんかないのに、親身になってくださり)


そんなことがあるたび


ありがたいなぁということと
いただいたご恩を私もどなたかに手渡せるといいな、ということと

恵まれていて幸せに思えること


もう感謝しかなく


感謝をしていると

ますます感謝したくなることがあって

身にあまる光栄で

それだけで
また頑張ろうと思えた。


逆に
喜んでもらえたり
感謝してもらえたりすると

もっと喜んでほしい
笑顔になってほしい


必要以上にがんばったり
大サービスしたり(笑)

こうして
「ありがとう」や感謝は

その人から
さらなる能力ややる気を引き出したり

行動に繋がったりして


無条件に「喜び」のために循環しています。


善なる心
無償の愛や親切をベースに循環しているそれは

善なる心や無償の愛に還ってくるらしい。


喜べば喜ぶほど

受けとれば受けとるほど

与える量も増えて

そこから
周りからの親切や思いやりに
どのように応えられるだろうかと
工夫することに繋がり
自分の中のものを最大限に引き出すことになる。



自分から出た
思いやりや親切、無償の愛は

また
誰かを幸せにして

それがまた
どうしたら幸せを感じてもらえるだろうかという

創造活動に繋がって


ますます豊かさとして膨らんでいく。



しっかりと受け取って
しっかりと渡していく


この確かさの中に

信頼は生まれて


くれくれ」「欲しい」だけの心には
入ってこないエネルギーがある。

「ない」という思い込みから「与える」をストップさせるので
そこから流れが止まってしまい
入ってくることもなくなる。


欲しい人ほど
いっぱい「与える」ことをするといいのだけれど

「ない」と思ってるから出せない。

これは仕方のないことだけれど

本当に「循環」させている「愛」は
なくならないのだと知っていてほしい。


ほんの少し

周りに優しくするだけ。

思いやりを見せるだけ。


欲しがってばかりで渡さないということは
「喜んで与える」こととは
響き合わないから
流れが生まれないのは当然で

善意から回っているエネルギーにこそ

豊かさが宿っているのだと気づくことで

ご縁が広がっていく。



そのように広がっているもの。


だから
はじめ
与えるばかりに感じられても

ちょっと苦しくても

それをやっていると


いつか還ってきてくれるから
それに気づく瞬間があるから


自分から手渡す(差し出す)ことから始めてみよう。

何もしなければ
返ってこないのは当たり前(笑)


何もしてなくても
来るように見えるのは
両親や祖父母、ご先祖さまからの恩恵を賜っているに過ぎないこともあって


後世のためにも


善意を発揮しておくと

それは
形のない魂の財産となる。


コツコツ積んだ善行は


自分が困ったときに


必ず
報われるようになっています。


だから
誰かのための善行ではなく

結局は自分のため。


自分から発したものが

ちゃんと還ってくるようになっているのです。



tulips-2071075__480.jpg





posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする