2019年04月30日

「空」に宿るものがある

執着を手放すとは

そこに新しいものを迎え入れるということであり

同時に宇宙からのエネルギーを呼び込むことでもあります。


「空っぽ」になることが大切なのは


空っぽになった瞬間にそこに
魂を進化・向上・拡大させるための
エネルギーが呼び込まれるからです。


クリアになることが大切なのは


曇りがとれればとれるほどに

高次のエネルギーを通しやすくなり
高い波動と共鳴しやすくなり
また本来の自分の生命力が輝きを発しやすくなり
自分の奥からの声をキャッチしやすくなり
自然な自分を発揮できるようになるからです。



忙しく自分の思考を働かせたり
心配したり
不安になったり
ネガティブなことを考えたりするのは

妨害電波を発しているのと同じような状況で


空っぽになる

とは、
その妨害電波の発信をやめるということ。

波立つ湖面に景色は映らず
凪いだ瞬間に鏡のように鮮やかに景色が映り込むように

空っぽになった瞬間に
入ってくるものがあるのです。

いや、入ってくる、というよりは、もともとあったものが輝く、
もともとあったものが見えやすくなる、
表に出てきやすくなる、の方が適切かな。両方か(笑)



「ない」は「すべてがある」に通じます。



そして「感謝」「思いやり」「信頼」「凛とした自分らしさ」などは
この世界でもっとも美しい在り方で

どんな体験も楽しんでもいいのですが
(それらも「個性」になっていく)


花咲かせるには

それらの高い波動が何よりの栄養材なのです。


人生の重さに折れずに
それでもひたむきに前進するとき

そうとは知らずに

あなたを包む光は
ひときわ大きく輝くのです。



tulip-4155890__480.jpg





posted by Kaoru at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする