2019年04月08日

むき出しのエネルギー

感情

荒ぶったり
凪いだり

豊かな表情を見せるもの。



どちらも
生きていくには必要なもの。



善なる部分
洗練させる部分

どちらも
最終的には「光」。


若いころには
むき出しのエネルギーに振り回されても

成長するにしたがって
洗練されていく。

深みが増して
密度が高まっていく。


それは「個性」だったり「魅力」だったりになる。


拙い表現から
洗練された表現へ。


拙さの段階では
どうしても

摩擦が起きやすいし
そのことで傷をつくりやすい。


けれど
学びのためには
いたしかたないこと。


けれど
成長過程で
ちゃんと学習しているし
洗練もされてきている。


過去
とても深く傷ついた体験を持つのだとしても

あなたは
いつだって「新しい自分」で

いつからだって
新しい人生に挑戦できる。


一生学びは続くけれど

幼くて力のなかったあのときの自分とは違う。


だから
過去の経験から未来に臆病にならないで。



過去がそうだったからと言って
未来もそのようになるわけではないから。


大人になって
エネルギーの使い方が変われば
人生で表現される体験も変わってきます。


「使い方」に気づけば
「いつでも変えられる」と気づけば

すぐにでも
変えられます。


あなたは
ただ

自分の善なる部分を発揮していけば
発展するようになっています。


なぜか
興味があること

やってみたいこと

どうしようもなく
魂が求めること

希望すること
望むこと

それをやるだけ。


自分に欠点しか感じられなくても

客観視して
自分って嫌なヤツだな
と思っても

それが
表現を変えて
役に立っていることもあるのだと
知っておきましょう。


それを
嫌だと思う他者もいれば
何とも思わない他者もいるので

あまり周りを気にしすぎずに

あまり
自分を責めすぎずに

頭ではわかっていても
どうしてもできないことは


そのとき
「できない」を体験することに意味があるのかもしれない。


けれど
決してそのままであることなどなく
この先
それがクリアされていることもありますから


気長に自分を育ててあげること。

大切にしてあげること。


自分で
自分に
いろんな価値をつけてあげられるようになると

むき出しの荒ぶるエネルギーも
落ち着いてきます。


でこぼこのエネルギーも
生きているうちに
平らかになってきます。

ちゃんと
転機が来たり
価値観の変化を体験したりして

落ち着くところに
落ち着くようになっているので

そのときには
わからなくても
あんまり心配しなくて
大丈夫なんです。



air-1868060__480.jpg





posted by Kaoru at 06:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする