2019年04月01日

大きな変化の扉をくぐりました

_20190401_091846.JPG


朝からずっとこの話題で持ちきり。
今日までにも
たくさん見ているかもしれませんが


やはり
大きな変化の境目なので


この瞬間を
記録しておこうと思います(*^_^*)


平成は
中国の古典『史記』の「内平外成(内平らかにして外成る)」と、『書経』の「地平天成(地平らかにして天成る)」からつけられたそうですが

よく見ると
素敵な語源です。



新しい元号は『令和』(れいわ)
万葉集 梅花の歌三十二首并せて序が典拠。
さらには、東晋の書家として知られる王羲之の「蘭亭序」が由来。
(『文選』に収録される後漢の張衡の「帰田賦」という話も)


初春令月
気淑風和

しょしゅんのれいげつにして
きよくかぜやわらぎ


師の老の宅に萃まりて、宴会を申く。
時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり風はやわらかにそよいでいる。
梅は鏡の前の美しい女人が装う白粉のように開き、蘭は身につけた香のように薫っている。


人々が美しく心を寄せあう中で
文化 生まれ育つ
という意味が込められているそうです。


その時間まで
現場にいるカメラマンばりにスタンバイしてました(笑)


発表されてすぐに検索してみたら、もうヒットするではありませんか。

はやすぎ。


来月から
令和生まれ



「和」の文字が入ったらいいな、と思っていました。

爽やかで素敵だと感じます




本当に

いろんな時代を超えてきました・・・




それぞれのスタイルでいいので
思いやりに満ち

信じる心で繋がる絆

そんな在り方ができるといいなと祈ります。



気を引き締めて
新しい世界を楽しもうと思います



plum-3398939__480.jpg





posted by Kaoru at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする