2019年02月24日

あなたのためだけの表れ

自分以外の人にはなれないけれど

自分だけの計画と展開がある。



他の人に起こって
他の人には経験できないことも


自分の人生には起こることがあって
また、計画のないものは起こらない。



自分をよく見せようとして
憧れの、あの人のようになりたくて

どんなにがんばっても

自分以外の人にはなれないから

やってもやっても
できなくて苦しいことは見切りをつけてもいい。


できることは
自分がもともと持っているものを洗練させていくこと。
(自分の中の“善なる部分”をどんどん使っていくこと)

自分なりの美意識や良くするためのこだわりを表現していくこと。


ステージアップすれば
広がる世界が変わり
出逢う人たちも変わっていく。


けれど
それも
もともとの計画のうちで


自分のうち
変化させていくことはできても

それを人の中に持ち込むことはできないから
(他者と響き合うことはできても、他の人にはなれないという意味で)


いいも悪いも
「自分を生きる」、それ以外にはできない。


これまであった
嫌なことや
苦しかったことは


自分の持つ設計図の「低い表れかた」なだけで


始まりは初級編からスタート

・・・といったように


初め
自分の人生に起きて
そのように認定していた「自分」は

洗練させる・高めていくために
低い位置から始めなければいけなかった

だから

そこで自分を決めてしまうのではなく

これからいくらでも
変容可能で

誰でも大バケする可能性を秘めています。


低いままであるはずなどなく
(つらかったら、やっぱり、よくなりたいとがんばるから)


過去は過去。
終了したもの。

その中で
学ぶことは学び
このようにしていこう、と決めたことがあるはず。
(それもいつでも修正可能)


あたたかい人にはあたたかい人がつく、と言われているけれど

それは
もともと持っているその人の設計図とおりのその人で
その人の世界もあたたかいから
自然に同じものが集まっているだけ。


自分の周りを見回してみて
望みのものでなければ

今すぐにでも
自分のエネルギーの使い方を見直して

望みの世界を創るために
力を注いでみよう。


周りを見て
あの人素敵だな、と感じるところは
あなたの素敵なところであり

あの人みたいになりたくないな、と感じるところは
訂正ポイント。


それを「あの人」として認定してしまわずに
自分のものとして見るようになると

進化のスピードがアップします。


「あの人」のままにしておくと
いつまでも
自分の中にあるエネルギーを

自分のものとして使えないのです。


悪いからといって嫌悪したり
そんな自分を否定したままでいると
それは強化され

どんな自分でも受け入れて
まるごと好きになれると

補完されるような出逢いが生まれる。


だからこそ
未来に希望を持って

ますますよくなっていくと
当たり前に思いながら

自分にできることをやっていきながら

成長している
自分を感じながら

それを喜びながら

楽しみながら


自分の未来を信じていてほしい。


自分の人生に現れたことやものを大切にしてほしい。


かけがえのない
唯一無二の「表れ」だから。


あなたが
待っているものは


それを手にするに相応しい自分になれたときに

不意に現れるようになっています。



gift-1196258__480.jpg





posted by Kaoru at 09:09| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする