2019年02月18日

変容の力

あなたには
ものごとをよいほうへと変えていく力があり

真実を選ぶ力もあります。


自分に授けられているパワーを思いだし
怖れずに踏み出し
成功することを自分に許可するのならば

あなたは
いかようにも
人生の進路を変え
つくりだしていけるのです。


自分の中でバランスを崩している部分から
目をそらさずに

問題をすり替えずに

誰かのせいにしないで

向き合うとき


扉は開きます。


あなたの人生をよいものにできるのは
あなたしかいません。


それは
気分を変えることで
一瞬抜け出すことができます。

あとは
その習慣を自分につけて

いつも
快い時間を過ごすことです。


ひとつのものごとには

多様な側面があります。

そのひとつのことに

あなたが
どんな意味を
与えるかで

人生は曇りもし
輝きもするのです。


そして
どんなものごとにも

必ず
突破口があるということ。


抜け出せるタイミングは

あなたが
その問題を充分に吟味し
味わいつくし

「もういい」と決めたとき。


「次へ進もう」と決めたとき。



問題が消えるのは
その問題の光の側面に意識を移したとき。


「問題」を「問題」として扱わないとき。

満月2日前の月。
DSC_0958.JPG


DSC_0963.JPG
ギューンと

すべり台をすべっているような・・・月(笑)

DSC_0960.JPG
海老フライのような雲(笑)




posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

「手放す」も「動機」が違うと結果が違ってくる

お金は使えば使うほど入ってくる


とよく言われますが・・・



それもそうですけど

「動機」でずいぶん違ってくるな・・・

と思います。



どう違うのかというと・・・



たくさん得ようとして
「出す」のと

たくさん入ってくると知っていて
「出す」のでは


「その先」が違うわけです。


どちらも
「出せば入ってくる」
同じ言葉で言えます(笑)


でも
「動機」が全然違ってますね(笑)

つまり心の持ち方(在り方)が
まったく違うわけで・・・


思ったように入って来ないな〜

・・・と思ってる方は

「動機」の方を見直してみるといいのかもしれません。




そもそも
お金持ちは
たっぷり持っているので

あまり「お金」のことは考えておらず
(空気と同じで、あるのがあたりまえ〜な感覚)

買いものにも飽きちゃうな〜
美味しいものもなんだか美味しいって思わなくなっちゃったな〜

案外白米に梅干とか
お茶漬けがおいしく感じたりして


「幸福」もあたりまえにあると

なんだか平和すぎてつまんないな〜
何か楽しいことないかな〜

悲しいことが
切ないことが
新鮮で

ありすぎると
かえって「ない」を体験したくて

あえてホームレスしてみたり(笑)


「欲しいな〜」
「幸せになりたいな〜」は

それを持っていない人の心だから


「ない」からの出発。



出しても入ってくるのは

入ってくると知ってるから。

知ってないと使えないから
出さない
入ってこない。
(入ってこないって知ってる状態)



これを拡大させましょう


素敵な人が現れる
私はどこに行っても人に恵まれる

・・・と知っているから

どこに行っても恵まれる。


「欲しい」と思うことは
「いない」と知ってるから
実際には「いない」。


「幸せになりたい」と思うことは
「今、幸せでない」から
実際には「なりたい」



「欲しい」方、
「なりたい」方、

やることわかりましたね(笑)


今すぐ
「ある」
「幸せだ」
「愛されている」
になること

その心は
お金持ちや
幸せな人と

同じ在り方なのですよ(*´艸`*)


でね

やっぱり
そうしてると
そうだと知ってると


そうなっていくのです



「そうなる」には
「そう在る」ことを続けること。


「その先」が違ってくるから。


そのように在り続けながら、
見ててごらん


心の中が「ない」まんまじゃ、ダメですよ(*^_^*)

「ある」
「ふんだんにある!」
と心の底から思えるようになるまで

自分の生活の中の「ある」を探してみるのです(*^_^*)

絶対、「ある」から。


他の人と比べちゃダメですよ(笑)
「ない」がフォーカスされやすいから(笑)


・・・じゃなくて、
自分の生活の中の「ある」を見つけて
心の底から感謝できるのなら、それは「成功」です


そうやって「ある」感覚を
自分にしみこませていく。

「ある」を確かな感覚にしていくのです。

ひとつ見つけられたら、

ボロボロ出てきます

あれもこれも
「ある」じゃない!


に、なります


いつか
「ふんだんにある」
に逆転してますよ


いつだって、現実を創っているのは
「知っている」ほう。




new-years-eve-3894621__480.jpg





posted by Kaoru at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

どちらかで迷っているとき

先日のカードリーディングのアクセス数が多かったので

みなさまご関心が高いのかなーと思い

今日もサンプルリーディングをしてみようと思います(*^_^*)

『陽だまりの森 2019』まで、機会があれぱ何度かアップできるようにしますね。



では
今日は二者択一でやってみようかと思います。



Aさんか、Bさんか

A社か、B社か

転職か、今の会社に留まるか

チャレンジするか、やめておくか

あの状況か、この状況か

などなど


どちらかで迷っているときに
ヒントを与えてくれます。


よく自分のやりたいことをやっていればうまくいく
お金は後からついてくる


などと・・・
言われることが多いですが・・・

(でも、これは本当ですけどね)

その方法がうまくいく人と
思うようにはいかない人がいると思います。
(これにもワケがあるのですが・・・)

これから自分のやりたいことをやっていく
という流れができる状況で

いつかは

A. 仕事を続けながら、自分のやりたいことをやる
B. 経済的保証はないけど、自分のやりたいことに賭けてみる

という選択肢が出てくる方もいらっしゃると思います。

そんな方には興味深い内容だと思います。


そこで、サンプルリーディング。


_20190213_165631.JPG



手前から、
「現状」
左が、Aを選択した場合
右が、Bを選択した場合

で観ていきます。


1枚目、手前のカードは
『執着』
過去の欲求にしがみつくこと、前進することへの怖れ、などを表します。

何かに強くしがみついている感じ、いまひとつ、思い切れない感じ・・・
が見てとれます。決断するのを怖がっている、とも読めます。


これまでの経験から、
「こうしてもどうせうまくいかない」
「生活していくには○○でないといけない」
「社会人としてしっかり自立していなければいけない」など
何か気にしていることを手放せずにいる、ともとれます。

しかし、しがみつけばしがみつくほど、どちらにも進むことができません。
今は、そんな葛藤の真っ最中、というような感じでしょうか。


結果はのちほどまとめるとして、先に「選択したらどうなるか」を観ていきましょう。

まず、A。
Aは、「仕事を続けながら、自分のやりたいことをやる」ということで引いてみました。
2枚目、3枚目で
経過、結果がわかるのですが、
経過は、「選択」でした。
まさしく(笑)
観念を生み出す源、意識の持つ最大の力、という意味のカードです。

どんな人間関係を持つのか、成功を体験できるかどうかは、意識の深いところの『選択』の力によって決まります。

思考や観念、感情や行動もまた、『選択』の結果です。
どんな『選択』をするかによって自分で自分の経験を決めていることになるのです。
そして「何が起きてくるのか」も、その『選択』の結果です。

このことに気づくと、よりよい『選択』をし続けることができるようになります。

では、その『選択』をした結果、どうなるか。
つまり、生活のための仕事を続けながら、自分のやりたいことを続けた結果は
「平和」。
天国の本質であり、あらゆる良いことが生み出される活発な土台、という意味のカードです。

安定した仕事を続けながら、やりたいことをやることが
精神的安心につながっているようです。
経済的にも安定していると、余裕が出てきますし、やりたいこと、欲しいもの、思ったことをすぐに実行できる力もあるわけです。


では、次、Bの選択。
「経済的保証はないけど、自分のやりたいことに賭けてみる」
経過は「期待」。
自分の満たされていない欲求が満たされるべきだと要求すること、不満足、不十分だという感覚を表すカードです。

『期待』とは、ものごとがこうあるべきだと思い描くイメージです。
うまくいく、という淡い期待(あるいはもっと大きな期待)を持っているのかもしれません。
『期待』を持っていると、その『期待』以外のことではどれも満足できずに失望する可能性もはらんでいます。
期待の影には、過去の人生の重要な時期に満たされなかった欲求が潜んでいます。
その欲求を埋め合わせようとしてさらなる『期待』が生まれ、思い通りにならなければ失望が待っています。

そして結果は『過去世』。
その人の人生のパターンであり、『過去世』や同時世、未来世などの今世以外の人生に原因があるように見えるもの、という意味のカードです。
重要なパターンを表し、もしもそれが癒されたときには人生に大きな影響を及ぼし、失われていたものがよみがえるでしょう。

このレベルの意識がものがたるストーリーには、感情的な痛みや、罪悪感や恐怖心の大きなかたまりが含まれていることがあります。
自分を止めている原因は、自分で思っているよりもずっと深いところにあるのかもしれません。


実は
一見して
A.の選択にはなんとなくの安心感を、
B.の選択に不安(不信感)を抱いているということが見てとれます。

A.の選択の方が、今は安心して取り組む環境をつくるには向いているのかもしれません。
B.の選択は、自分の深いところと向き合うことが不可欠のように思えます。魂に近い所に触れている感じがします。
しかし、その後の解放と癒しなど、ダイナミックな人生となりそうです。


B.の選択をした場合の経過と結果に対して、解決策を探るカードを引きます。
『期待』に対して癒しを起こすためのカード『手放す』、その結果『ハイアーマインド』。
『過去世』に対して癒しを起こすためのカード『信頼』、その結果『自由』。

『手放す』は、
執着を手放すこと、過去の喪失や欲求を手放すこと、現在の視点を取り戻すこと、次のステップへ向けて積極的に心を開く、という意味のカードです。
結果や状況に対する要求、つまり『期待』を手放すこと。
そして、「こうあるべき」という要求を手放すこと。要求や欲求の心は成功とはほど遠い要素だからです。
過去を手放すと、新しい目標や方向性が現われてきます。重たい荷物を降ろすことになるため、身軽になり、魅力が復活し、人生の道がひらけ進歩します。そうすれば次の一歩を進むことができ、新たな可能性やより真実の人生がもたらされるようになるでしょう。

手放した結果、待っているのは『ハイアーマインド』。
ハイアーパワー、大いなる自己、キリスト意識、仏性など、その人の聖なる部分を表しています。
執着や期待を手放すことで高次のエネルギーと繋がり、自分の純粋性も増し、善なるエネルギーが発動するのでしょう。

『過去世』に対するカード
『信頼』は、信念、自信、ポジティブな結果の方に意識を集中すること、という意味のカードです。

不安は未来を信じ切れないことから生まれます。
それは自分自身に対する不信感でもあります。
『信頼』とは、信念であり、意識の力です。
最高のことが起きるように意識の力を使うことです。
自分の創造性を発揮させ、光の方を向き、人生が変化し、癒される方向に自分の力を使うのです。
ネガティブなものごとに『信頼』をおくと、最善の方向に変化します。

状況を好転させるためには、幸福、豊かさ、愛や真実など、望むことが実現すると選択し、『信頼』するだけでいいのです。
『信頼』はコントロールを癒します。また、怖れや、心の傷なども癒してくれます。
『信頼』するとバランスと自信と意欲が回復します。信頼があるところには成功があります。
周囲の状況が癒され進展し、変容するように積極的に意識しましょう。信頼することを学びましょう。
信頼によって障害やコントロールが取り除かれ、新たなものが誕生し、人生の流れが進展します。

結果、得られるのは『自由』です。
『自由』は、
コミットメントすると決め、真実を追究し、『自由』というレベルに入る。幸せをもたらし、自分を完全に与える状態になる、という意味を持つカードです。

何らかの形で『自由』が与えられ、自分を縛りつけていたものがなくなるということを意味します。
邪魔しているものがなくなり、新たに一息つける空間や、新たな明晰さや開放感が得られるでしょう。自分自身を与えたからこそ、自由というギフトがやってくるのです。それは、ストレスや心配、負担、トラブルや惨めさや犠牲などがすべてなくなることも可能だということです。
自由になることを自分に許してあげると、それは自己愛となって現われます。人に自由を与えると、それはあなたからその人への愛となって現われるのです。
自由がもたらすのは、やっかいな重荷ではなく、本物のつながりと状況に対応できる力です。真実の自由があれば、完全に自分を与えることができます。自由さと同時に、ひとつに集中している状態を感じるからです。
自由が幸福を招きます。幸福であると、誰も何にも囚われることはありません。


要約しますと、
現在は何らかの執着から、どちらにも進めない状態となっており、
Aを選択した場合、
自分自身を前進させるのは、欲しいものを『選択』することができるという明確な意志力であり、今、望まないことが起きていると思うのなら、別の『選択』をすることができるのだとしっかりと意識して、欲しいものをつかんでいくという姿勢が大切。そうすれば平和が訪れる。好きなことに集中する余裕も生まれるでしょう。不安はどうしてもネガティブな状況を呼び込みます。集中力も奪ってしまいます。好きな道にいきなり飛び込んで不安になるよりは、それで自分が安定して集中できるのならば、本当に好きな道に進むのは、それからでもいいのかもしれません。

B.を選択した場合、
『期待』することは、ストレスを呼び込みます。『期待』をかけるよりも、目標設定をして地道に進む方が現実的。そのことをしっかりと意識して進んでいく必要がありそうです。周囲の現実をありのままに受け入れ、頭の中の空想を手放すと、自分と周囲を隔てていた壁が取り払われ、人と繋がり、心をひとつに合わせることによって相手や状況とふれあい、成功し、愛と満足が生まれるでしょう。
期待をしない、ということは、諦めではなく、「天にお任せする」という姿勢です。ただ、目の前の目標に取り組み、自分の人生を少しずつ完成させていくことにより、失望からも解放されるでしょう。そこには『過去世』からの問題や繰り返されるパターンも含まれているようです。好きなことをやっていくということは、つまりは魂の課題に取り組むことにもなるのでしょう。

しかしそれにもポジティブな解決方法が存在します。
地に足をつけて目標設定をし、ひとつひとつ達成していくこと。こだわりやコントロール、執着、期待、過去世からの問題(パターン)を手放し、天の采配に身を任せ、宇宙(魂)の意思に沿って生きること。自分を、人生の好転を信頼すること。自分に授けられた才能を信頼して、そのすべてを世界に与えること。つまり、自分にやれることをやれる範囲で心を尽くしてやっていくこと。最大限の努力をすること。
そうすれば自由を手に入れることができるでしょう。
その自由な生活の中でますます自分らしさが発揮され、集中し、よいものを世界へ発信していくことができるようになるでしょう。

そのために大切なことは
ただよい結果を期待しているだけではなく、着実に完遂させていくこと。
魂の課題、自分自身の問題と向き合い、乗り越えていくこと。
自分が癒されれば、その状況も、周りの人々も癒され、過去世もが癒されていくことでしょう。

どちらを選ぶも自分次第です。

どちらに対してもあまり心配していない場合、
カードにも、「どちらを選んでもあまり変わらない」という結果が現われます。
自分の波動を高く保てているのなら、実際、どちらを選択しても、そう大きな違いなどなく、その波動にふさわしい未来を呼び込むのです。


深いところで
自分に準備ができ、どんな状況でも自分ならやっていける、乗り越えていける、という自信もあって
生活のために自分の望まないところに身を置くことを嫌だと知っている場合には、
やはり自分の好きなことをやる、の選択の方には明るさが、仕事をしながら好きなことをやる、の選択にはネガティブなカードが出ます。

カードで見えるものは、確実な未来などではなく、選択可能な可能性、だと思います。
うすうす気づいてはいるけれど
背中を押してもらった、はっきり確認させてもらった、そんな感覚を感じる方もいらっしゃるでしょう。


自分の本心を映し出し
その結果を受けとめて
どのように動くか、決断するかは、最終的には自分次第です。

そこを人任せにしたのでは、人生が色あせることでしょう。
(人任せにすると、人のせいにしたくなりますしね 笑)
そのときはつらくないけど、かりものの人生になってしまいます。
だから自分で引き受けないとね。
(これも選択の自由ですが 笑)

自分の選択、決意、覚悟次第で、いかようにも
未来を創ることはできる、ということです。



どんなときにも、最善の選択ができますよう、お祈りしております。



_20190215_112748.JPG





posted by Kaoru at 16:58| Comment(0) | オラクルカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

パッションを味方に

ものごとを為そうというとき

ただ
モヤッと理想を描くだけでは足りなくて

現実化させるためには
そのための行動が不可欠で

その行動を支えるのはパッション。

「情熱」です。


自ら動く、仕掛けていくという
そのための原動力になる、情熱。


待っているだけでは

与えられた状況の中で
与えられたものをこなしているだけでは


限界を飛び越えることはできなくて


飛び出すには


現状を上回るテンションが必要です。



そのための起爆剤が、パッション。


「待つ」と「仕掛ける」のバランス。
「陰」と「陽」のバランス。

「男性性」と「女性性」のバランス。

どちらも、大切。

そのように
自分を調えながら
進んでいくことが大切。


「情熱」は
全体に及び
いつでも前へと
背中を押してくれる。


なんのために
それをやりたいのか?

なぜ
それを始めたのか?

そうすることにより
世の中にどうなってほしいのか?


あなたのパッションはどこに向かっているのだろう?



rose-411762__480.jpg




posted by Kaoru at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

既に与えられている

自分の全存在の中に
必要なものは既に与えられていた


と気づくのは


本当の自分と出会ったとき。

魂の意図に沿っているとき。


気づいたとき
震えます。

心の底から感謝の念がわいてきます。


そして
必要なものは

ちゃんと与えられます。

なぜか、うまくいくのです。

ムリだと思っていても
思いもしないことが起こって
好条件で手に入ったりするんです。


自分のところに来てくれた、
起こった、

それは

ありがたく受け取っていいものです。


自分にとって関係ないものが
自分のところに届くことなどないのですから。

そして自分に関係ないものを
望むこともないし
関心や興味を持つこともないのです。

そもそも求めない。

どんなに求めても
自分のところに来ないということは
魂レベルで必要ないものだから、なのかもしれません。


どんなに
自分にはふさわしくない、と思っていても

それが自分のところに来てくれたのならば
それはあなたに与えられたものなのです。




valentines-day-1182252__340.jpg





posted by Kaoru at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

不運を消去する

トラブル、困難、争い・・・


それを避けるためには

トラブルの種に反応しない、近づかない

あるいは別の形でエネルギーを昇華する

という方法があるのですが・・・
(思いっきりそういう目に遭うというのも、貴重な体験と言えますが・・・できれば願い下げたいですね ´д`;)


いちばん身近なところでのサンプルは

相手がイライラしていても
それに反応しない(何食わぬ顔して、普通に暮らす。イライラを感じるのが嫌ならば、その場から去る)

でしょうか(笑)

相手のイライラを非難したり
自分もそれにイライラしたり
売り言葉に買い言葉的に応えてしまうと・・・

火に油の
不毛の争いとなり(ほんと、しょーもない時間になってしまう T_T)
お互い不愉快になり
関係性にひびが入る・・・


でも、
自分がそれを拾わなければ
ある程度、回避できるのです。


相手のネガティブの影響を受けない

というのも
自分のエネルギーをクリアに保つ(良い運気の)ためには大切なことです。

影響を受けたとしても、
真逆のもの(感動とか感謝とか)に触れて
祓ってしまう。


ご機嫌良く過ごせていれば
受け流して
あまり影響も受けずに済むのですが

(だからこそ、日々ご機嫌よくいられる自分でいることが大切です)

受け流せなかったときには祓って、
自分をクリアに保つ工夫をしましょう(*^_^*)


自分の運気をあげるためなのですから

自分次第でどうにでもなると思うと、楽しくなってきませんか(笑)


christmas-3226605__480.jpg





posted by Kaoru at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

「今、自分に響いている言葉」があなたを救う

「今、自分に響いている言葉」があるのだとすれば、
その言葉は、あなたに必要だから、あなたの元に届き、あなたの心に響いている可能性が高いです。


必要ない言葉は、聞いていても耳にも心にも届かず、
聞き流してしまうでしょう。

どんなに聞いていないようでも、
必要な言葉であれば、ぱっと意識が行って集中する。

どうでもいいと思っていたり、そもそも興味がなかったり、
あるいは自分と違いすぎると、「他人事」としてスルーされてしまうのです。

成長の段階を踏んで、「あのときは必要なかったけど、今は必要」ということもあるでしょう。


実は
魂は
どんな言葉をいつ受け取るかも決めていて


ちゃんと必要な時には
耳が開くようになっているし、届くようになっているのです。


ですから
届かない人に
むりやり届けることもないでしょう。


ただ
自分に響いていることを発信しているだけで

必要な人のところに届くようになっているので

誰がいつ受け取るのか、また、受け取らないかは
お相手にお任せでいいでしょう。



あなたを救ってくれた言葉が
いつかあなたの大切な人を救うこともあるかもしれない。


あなたはただ

あなたらしく

美しく生きているだけでいい。



思ったことを話すだけでいい。



book-1356337__340.jpg






posted by Kaoru at 10:10| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

たまにはじっくりカードリーディングでも。

『陽だまりの森2019』の個人セッション、
ちょっといつもと違うことがしたいな〜と思いつき・・・

いつもは、ヒーリングのあと、おまけ的にカードリーディングをしていたのですが、

今回は
セルフ・セラピー・カードを使って
じっくりお話させていただこうかと思います(*^_^*)
メニューにカードリーディングはありません。今のところ、アップの予定もありません。ご了承くださいませ)


もちろん、ヒーリングと魔法つき(笑)

何を聞きたいか、考えておいてくださいね〜(*^_^*)ノ


_20190125_161512.JPG



このカードで、
★人生の目的を探るリーディング
・人生の中心的な目的や生き方、世界に何を与えるために生まれてきたのか
・中心的な問題の主な側面、人生の目的や生き方の障害や罠となっているもの
・今ここで何が起きているのか
・世界に何を与えるために生まれてきたのか、世界のために自分の何を癒す目的があるのか
・最終地点。人生の中心的な目的は何か、その主な特徴は何か、今何が起こっているかを考慮し、目的を果たす方法と、必要であれば何を癒せばいいのか、世界に与えるために、何を生まれながらに持っているのか

などがわかります。

★人間関係のリーディング
・現在何が起きているのか
・ふたりの関係性の主な主題点
・パートナーとの関係性がもたらすもの

などがわかります。


他にもいろいろなスプレッドで
多様なご相談に応じますが、

ここでひとつ人生の目的を探るリーディングのサンプルをご紹介いたしましょう。


_20190125_172904.JPG


このカードは、始めに1枚、3枚、3枚、1枚と引いていくのですが、
あとから補助的に複数枚カードを引いています。



まず1枚目(左に見えている1枚)、これは人生の中心的な目的や生き方、世界に何を与えるために生まれてきたのかが示されます。
出たカードは「セクシュアリティ」。
新たなレベルの生命力、愛、コミュニケーションと繋がり、自然体のパートナーシップなどを表わします。

パートナーとのまったく新しい繋がり、信頼感・絆を深める、そして、自分自身のセクシャルエネルギーを新しいレベルで受け入れていくことにより、自分の魅力や生命力が高り流れが強まり、真の繋がりが癒しや愛を生み出していく・・・という、新たな絆の結び方や繋がりや関わりかたがあるのだということを世界に表現すると読めます。


次の列に並んでいる2枚は、その右隣の3枚のカードの補足として後から引いたカードなので、まず3列目の3枚のカードから見ていきます。

この3枚は、「中心的な目的の主な側面」がわかります。
目的の障害となっているものや、どうすれば癒されるのかなどを見ていきます。

上から、「シャドー」「試練」「ハイアーマインド」


人生の目的のために障害となっているのは、「シャドー」「試練」。

「シャドー」は、自分の中にあるネガティブな観念が外側に投影されていることをあらわしています。
また、そのネガティブな観念から勝手に怖れをつくりだし、いたずらに増幅したそれに怯えているとも読めます。

「試練」は、次のレベルに行くための大きな挑戦、新たな意識レベル、ヴィジョンやパワーへの飛躍のチャンスを表わします。
古い自分の死を通して、まったく新しいレベルへと進むこともできるし、そこで諦めることもできますが、過去の多くの失敗や傷を乗り越えるチャンスとも言えます。

人生の目的の大きな要素として、「ハイアーマインド」が出ています。
ハイアーマインドとは、大いなる自己、キリスト意識、仏性など、その人の持つ高い意識、神聖なる部分を示します。
宇宙の恩恵、高次のちから、これらの目に見えないあらゆる力と調和して前進していく・・・つまり、自分だけの力で生きているのではなく、また、計画したり、コントロールしたりしようとせず、ハイアーマインドにものごとの解決を任せ、大いなる意志、天からの恩恵を使うようになるとものごとが優雅に進むようになる、ということを信じることが大切になってきます。

要約すると、怖れを手放して、チャレンジすることを学んでいる。
今、痛みを感じていたのだとしても、自分には、成功するだけの力があると信じて行動することが、人生の目的に近づくための課題。

「試練」のカードは、指ではじいて表か裏かでも意味が違ってきますので、ここで、テスト。
表が下になりました。
これは、次の高度なレベルのテストに直面している、ということを表わしています。
高度なレベルのテストの場合、大いなるものの導きを求めることが大切で、天の恩恵が降り注がれることをお願いすることが必要です。
自分だけの力では何をしてもうまくいかず、見えない領域のちからの協力を信じることが大切なスタンスとなってきます。
天の恩恵にあずかれば、自分自身を通してどんなことも可能になってきます。

祈ること、そして、「これをしたらいい」と直感的にひらめいたことは、何でもしてみること。

ここで「ハイアーマインド」が出てきているということは、確かに宇宙からのサポートが入っている、それにお任せして大丈夫であるということがより強調されています。
また、同時にその体験を通して、その在り方を世界に与えるのが魂の目的でもあり、まさに自分自身がそれに取り組むときであるということでもあるのです。

4列目の3枚は、「今ここ」を表わしています。
人生の目的に関して、今なにが起こっているのかが示されます。

上から「無価値感」「成功」「許し」。

「無価値感」のカードは、自分には価値がないという思いを潜在的に持っていて、それは罪悪感にも通じ、子ども時代の家族のトラウマ的な出来事に原因があります。
何かがあったとき、まるで自分のせいであるかのように自責の念を感じてしまい、犠牲的な行為をするようになる。あるいは、役に立つことを「証明」しようとする、それが補償行為となってきます。「無価値感」が根底にあると、どんなにやっても報われない、頑張っても頑張っても得られない、何をしても虚しさが残る、ということになります。
それから開放されるためには、まず自分が自分に対して「自己無価値感」を抱いていると気づくことが必要になってきます。
無価値感から何かをするのではなく、本当に自分がそうしたいからする、という自然な喜びが根底にある与え方、行為がエネルギーを増幅していくと気づくことです。

次に注目すべきは「許し」のカード。
自分に対する無価値感を抱いている人は、たいてい、そんな自分を許すことができていません。
許されるために、何かをしなくてはならないのです。
しかし、残念ながら、その望みは叶いません。
本来は、愛されるための条件など必要ないからです。

自分自身の中にある罪悪感を解消すること、間違って責めてしまったことを謝ること、自分が持つものと他者の持つものを区別して、必要以上に自分が背負わないこと。
あらゆる責めや非難が、自分の罪悪感や自己攻撃を外に投影したものであるならば、人を「許す」ことによってその人と共に自分自身の潜在意識的な罪悪感も開放されます。

「許す」ことにより偏った位置が中心へと修正され、ふたたび人生が流れに乗り、楽で自信のある人生になっていきます。

その身軽さ、心の清らかさが「成功」へと繋がっていきます。
この「成功」のカードは、まったく新しいレベルの「成功」が人生に近づいてきていることを暗示しています。

自分が望むものを手に入れ、大きな達成感を得られます。
自分自身を承認し、自分のためにも他者のためにも報償を受け取ります。
自分が成功することにより、他の人にも成功してもいいという許可を与えることにもなるのです。

それは物理的、経済的なことも成功と言えるのかもしれませんが、
「無価値感」を持っているものにとって、自分を承認することは「成功」だとも言えるでしょう。

コントロールを手放すことへの怖れは、本来ならば成功するはずの流れを止めています。

流れに乗ってただ成功するに任せる。
あきらめるのでもなく、むりやり自分のやり方を押し切るのでもなく、
起こるべくして起こる成功がもっともよい成功の仕方です。

成功とは、心の姿勢であり、選択です。
あなたにとっての成功とは?
それが見えたら、その成功を受け取りましょう。
自分自身を世界に与え、人と分かち合っただけ大きくなった成功を受け取りましょう。
成功を楽しみましょう。

その気持ちにひたって、ひらめいたことをやっていきましょう。


6列目の1枚は、最終地点、3列目、4列目の段階の結果をあらわしています。
目的を果たす方法や、どんな課題があり、どのように克服していけばいいのかが示されます。

世界に与えるために、何を生まれながらに持っているのか。

「コントロール」(ラスボス 笑)
これまでのリーディングでも出てきたキーワードです。

コントロールは、過去の傷心などから起きる防衛であり、自分や他者を信頼することの怖れをあらわしています。

コントロールは、実は怖れに基づいています。

守ろうとしての行動が抵抗を生みます。
可能性の制限にもつながります。

コミュニケーションと信頼を信じ、「こうあるべきだ」というこだわりを捨てること。

あらわれた問題や課題、または人を使って、自分は何をコントロールしようとしているのか?
他者から影響を受けてそれがエネルギー的なコントロールに繋がっていないか?

人生は操作しようとしなくても
流れていきます。その流れに身を任せること。

それは人生に安心できているということでもあります。

最初の1枚のカード、「セクシュアリティ」
これは自然体、素の自分、飾りのない自分、つまり、どんな計算もコントロールもない自分です。


そこに到達するための、コントロールという罠であり、無価値感であり、試練でもあるのですが


これらの心の偏りを超えて
手にするものは、自分にとっての「成功」。


3列目のカードに対する補助的なカードを引いてみました。
上から「恵まれた才能」「信頼」

それぞれ、
「シャドー」に対して「恵まれた才能」
「試練」に対して「信頼」と対応しています。

「恵まれた才能」は、
ギフト(才能、自分に授けられたもの)を知り、惜しみなく分かち合うこと、機会と資質、問題に気を取られないことを示しています。

潜在的な怖れに対しては自分の才能をフルに生かして自信をつけていく。
問題に気を取られずに、自分の能力を発揮することにフォーカスすること。

能力と言っても、それは自分にできることでいいのです。
やって人に喜ばれることは間違いなく、あなたに授けられているものです。

嫌なこと、不愉快なことを嫌がったり、思わぬできごとを心配するより、

心を尽くして自分にできることをやっていくこと。

その姿勢は
あらゆる問題を乗り越えていきます。

そしてあなたの豊かな才能は世界を祝福します。
受け取れば受け取るほど、人にも与えられるのです。

目の前の結果に左右されずに
自分を表現し続けましょう


「信頼」は
信念、自信、ポジティブな結果の方に意識を集中することです。

明るい見通しを持ってチャレンジすること。
成功すると信じ続けること。

怖れを持っている者にとって、それは

「もう、どうにでもなれ!」と開き直るくらいの勢いが必要かもしれません。

損得を計算するとできないことでも
損得勘定を捨てて
「なすがまま、起こるがまま!」と問題を手放すことが
自分への信頼に繋がることもあります。

変なプライドも捨てて
周りにどう思われるかという体裁からも自由になって

「それが何になる、周りの目が自分の人生を支えてくれるのか?」

と、そんなものからも脱却して

ポジティブな結果の方に集中して
思ったようにやっていく。

あなたの心の中に
誠意や清らかさ、愛があるのであれば

それが
花開かないはずはないのです。


5列目、
「無価値感」に対して引いたカード。

「つながり」です。
ふれあいをふたたびつくること、パートナーシップ、共に勝つ状態を達成する、ひとつの解決を見つけること、などを示しています。

「無価値感」を持っていることにより
断絶してしまった世界とふたたびつながること。
離れてしまったことがら、諦めてしまったものなどとふたたび繋がること。

人との繋がりをもう一度見直し、自分にも他者にも世界にももう一度コミットし
バラバラに解離したこころを癒すこと。

真の繋がりを体験すること。

痛みから逃れるために世界と離れた状態をふたたび癒すこと。

人生から一歩引いている姿勢から
本来の道のド真ん中へと戻ること。

一歩引いた人生(何も受け取らず、与えているだけになっている状態)から
ふたたび繋がりを取り戻し、
罪悪感、無価値感、怖れ、痛み、成功していない状態から抜け出すこと。

ふたたび人とのつながりを取り戻すことは、愛の行為であり、自分から手をさしのべることです。

コミットメントすること、与えること、統合すること、許すこと、受け取ること、信頼することで
「つながり」が生まれます。
そして癒しを体験します。

これまで
あなたはつながることで傷を負ってきたのかもしれません。

しかし、
もう一度
信じてつながるときが来ています。

お互いの助け合いにより、パートナーシップと成功が確実なものになるのです。

今の状況の中で関わりのある人たちとつながり、つながっていない状態を終わらせましょう。
自分の中の恨みや隠れた罪悪感、非難やひそかな失敗感、怖れや痛みなど相手との距離を広げるものにとらわれるより、相手の存在の方をもっと大切にしましょう。

相手に近づく一歩は、あなたの内なる敗北から抜けだし、パートナーシップを持って相手と共に勝利していくための一歩です。

1枚目のカード、「セクシュアリティ」に通じます。
「無価値感」は、自然なつながり、素の自分同士での関わり、信頼と誠意で絆を結ぶことへの「課題」、自分を磨く種とも言え、

つながりかたを洗練させるためのレッスンと言うこともできるでしょう。


全体を通じて、「コントロールを手放す」というテーマが強調されています。

自分でどうこうしようとあがくのはやめて、
天の采配にお任せして
来た流れに乗り
自然体(ありのままの自分)で
他者と繋がる。

新しいレベルで
そのような絆を築いてゆく。

まったく新しいパートナーシップを創っていく。



長くなりましたが、最後の1枚、

最終地点「コントロール」に対するカード
「神の子」です。

私たちが引き継いでいる、神聖な財産、神の子であることが示されています。

怖れや不安、あらゆる計算、コントロールを手放して、
天から引き継いだ財産、自分の天命をもオープンに受け入れること。
すべての存在は神の子として、偉大さとすべての善いことが授けられています。

自分の中にある問題・課題に向き合い、クリアになって

個人を尊重することが
自然なパートナーシップを築いていくのかもしれません。

本来は、どんな罠や課題、問題からも自由で
あなたはすでに神聖なる存在として成功しているのです。


そのことを世界に伝えるために
あなたは生まれてきました。


ひとりひとりが神聖な存在だと信じ
あなたが真のパートナーシップを実現することで
自然に世界にその素晴らしさを教えることになるのです。


愛と光に満ちた、
新しいレベルでのパートナーシップを目指して励んでください

あなたは、それを諦めなくていいのです。




sea-2567110__340.jpg






posted by Kaoru at 05:05| Comment(0) | オラクルカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

癒しのイベント『陽だまりの森2019』

自分の人生を思い通りにクリエイトする始まりのとき。

自分を律し、コツコツと高い理想や夢、目標に向かってやれることをやっていると、それらがやがて開いて輝くようになっていきます

そのご縁結びの場にしていただければ、幸いです

毎年1回、全館を開放して行われる、癒しのイベント『陽だまりの森』の開催が決まりました

『陽だまりの森2019』の文字をクリックしてくださいね(*^_^*)
イベントの詳細が見られます。
     ↓

『陽だまりの森2019』

2019年3月24日()10:00〜16:00

入場無料
陽だまり弁当+温泉入浴 ¥1,500
陽だまり弁当のみ ¥1,200
温泉入浴 ¥500(¥100OFF!)

※陽だまり弁当は、電話予約が必要です→0258752172

お申し込み締切3月20日(水)まで。ただし、キャンセル不可です。ご了承くださいませ。


oracle-cards-242767_960_720.jpg



初出店の方、おられます。
今回は過去2番目に出店数が多く、バリエーション豊かになっています

他にも、毎回素敵なものを提供してくださる方々が勢揃いの貴重な機会です


人気がありすぎて、いつも予約をとるのが難しい
興味があったけど、いきなり予約するには勇気が要る
受けてみたかったけど、行くにはちょっと遠い
イベントなどの参加が滅多にないのでどこで会えるかわからない

などなど、諸事情から、なかなかお会いするのも難しいという鑑定士さんもいらっしゃると思います。
みなさまイベント価格でやってくださいますから、ちょっとやってみたかった、という方には、お気軽に体験していただけるチャンスでもあります


特に、今回ご出店くださるSpicaさんは、今回のイベントを最後に、対面セッションはクローズ、遠隔セッションのみとなりますので、実際にお会いしてヒーリングしていただけるのは、今のところ、これが最後のチャンスです!

北新館さまで開催のイベントでは最大規模のものとなります。
せっかくなので1日ゆっくりお過ごしくださるとよろしいかと( ´艸`)

芯から温まる、2種の天然温泉。
IMG_1450'.jpg


IMG_1487.png


静かで落ち着く山間のお宿。
DSC_0221.jpg


ランチも海の幸山の幸ありで
お得です

女将お手製のお総菜販売などもありますよ〜

過去のイベントの様子

陽だまりの森2018

陽だまりの森2017


イベント詳細はコチラから


↓ ↓ ↓


『陽だまりの森2019』



tulips-2239237_960_720.jpg





posted by Kaoru at 11:11| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

振り分けの境目(運命に選ばれる人になる)

どんなに無理なことのように思えても


案外、動かしてみると

自然に整理整頓されて
コンパクトになって

実現可能だとわかったり

よい流れが来たりして


なんでかうまくいくことがあります。


話だけ聞いて

「ムリ」と思っても
(実際に離れる人もいても)

やってみると
なんてことなかったり。


そこでの分かれ目は


ただ
「やる」と決めた人が残るだけで


「やる」と決めた人が動かしている。


「やる」と判断した根拠は

ただ
「大丈夫、何とかなる」という明るい見通しだけで
(前例がなかったりすると、よけいに)


どんな状況をも好転させるのは

成功に導くのは

明るい見通しと、希望と、行動力なのだと知る。


そして
諦めずに
実際にやった人が
結果を残していく。


sunset-476465__340.jpg






posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする