2019年01月25日

それでもやっぱり最善のことが起こっている

心が弱っているとき

何かに頼りたくなることがあります。

確証が欲しくなる。

でも
そんなときほど

自分には未来を創るちからがあると信じて

自分で決めていくことが大切だと感じます。


あくまでも
自分が指揮者。


そのときに大切なのが

自分は本当はどうしたいのかを感じていること。


誘惑はたくさんあるけれど


本当は何を求めているのか。


ある選択をしたときに
その先、どうなのか。


人生の優先順位はどうなのか。


不安を感じると
どうしても怖れがあらわれて

怖れから
それを避けるための選択をしてしまいがち。

だけど
怖れからの選択は
いずれ軌道修正をすることになります。


けれど
口ではこう言えて
頭ではわかっていても


そのときの感情がリアルであれば

その感情に基づいて決断してしまいますよね(笑)


でも
実は
それでもOKなのです。



そのとき
どんな選択をしたのだとしても



それでも
選んだその中で
最善を尽くすこと

そうしているうちに
その場の波動が上がり

思わぬ次へと繋がることがあります。



悩むのであれば
思いっきり悩み

不安を感じるのならば
思いっきり感じきり


苛立ちさえ
悶々とする心さえ


自然発生するのならば

感じきって、次へ。



答えはすでに知っている。


そうしたいと望むのならば
どんなに悩んでも
遅かれ早かれそうしている。


そして
やってみなければ気が済まないでしょう。




どんなときも
自分の運を好転させるためにできることは


自分にとっての最善を尽くすこと。

自分に嘘がないこと。

これらの高い波動は
周りをも巻き込んで

環境を変えていきます。



自分で変えていけるのです。


それには
時間がかかることもありますから、気長にね(*^_^*)




heart-3096380__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする