2019年01月11日

自分にとってのゴールデンポイントはどこなのか

この世界は満ちていて

欠けても埋めようと働く。



自分が下がると
上げてくれる何かがあり


自分が上がると
下がるような何かがあり


飛び出したエネルギーは
自分が下がることで
平らかにすることができる。


他者からの不愉快な言葉は
自分が受け取らなければ
発したもののところへかえる。
(By釈迦)


自分を心地よいポイントに持っていくためには

受けとることと
受けとらないことのバランス。


上がったり
下がったりの体験が

自分に中庸を教えてくれる。


上げたり下げたりしてくれる人がいるから


自分が中心にいることができる。


ネガティブなことがあったとしても
どこかでポジティブなことがあって
自然にバランスがとれるようになっている。

自分が「不快」に居続けない限り。



water-217172__480.jpg





posted by Kaoru at 22:05| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ひたひたとしみこんでくる感情

心打たれるときは
どんな時ですか?


さりげない優しさに?

理解を示してくれたときに?

誰かの頑張りを見たとき?

プロフェッショナルな仕事っぷりに触れたとき?


感謝と思いやりに包まれたとき?


あなたが
誰かに
美しさを見つけるとき

その美しさは
あなたの中にも宿っています


同じ部分が共鳴しているのです。


心打たれるとき

それは魂が震えている(反応している)ときとも言えて


あなたの真の望みにつながっていたり

ご縁のある人を教えてくれていたりします。


anniversary-1867767_960_720.jpg





posted by Kaoru at 12:11| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

思い直し

ここのところ

いろいろな
「思い直し」がありました。


黒から白へ
ひっくり返る瞬間です。


自分では
あるマイナス面しか見えなかったのに

もしも
マイナス面が取り除かれて
自分の望む通りになったとして

それが続いたら

じつは自分にとっては
より良くない状況を生んでいた、ということに気づいたり


マイナスポイントだと思っていたことが

実はいつの間にかプラスポイントになっていたと気づいたり


いろんなことから解放されると

ここをもっと
伸ばしたいな
と思うところが見えてきたり。


今はこれが欲しい!
と思っていたり。


いろいろなことに
気づいたら

あとは
自分の望む方へと歩いていくだけなのですが


そのために
自分に力をつけることは大切だと感じます。


若いうちは
失敗してもいい。
どんなことをしてもいい。

迷っても悩んでも苦しんでもいい。

それらが全部役に立つから。


そういうところを通ってこそ

大人になっていける。


どんどんいろんなことに
チャレンジしていくといい。


試行錯誤も仕事のうち。

いろいろな体験をすることが
勉強になっている。

だから
失敗も
上手にできないことも

成長の種だから

大人が代わりにやってしまわないで

できるだけ
体験させてあげたい。


大人だって
今からでも遅くない。

トライアンドエラーを続けて

自分にとっての道が見えてくる。


経験値が
体験が

これまでに積んできたデータの中から


自分にとっての最適なものを選択する基準になるから。


たくさんのことを体験するといい。


全部がたからものだと
気づくから。


失敗も恥も
苦しみも

たからもののひとつ。



結局
自分にとっては
ベストなことが起きていただけだった

と気づくから。


compass-801763__480.jpg





posted by Kaoru at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

やればやるほどに報われる

「現実化」にとって
有利なエネルギーが降り注いでいます(*^_^*)

やればやるほど

動けば動くほど


結果に繋がりやすいから

がんばりどきです


そのときに
大切なのは

がんばりの中に
やわらかい心」を包むこと。


あたたかさ
思いやり
優しさ

などのような「やわらかさ」を核に

行動を起こすのです。

喜んでもらいたい
相手の役に立つためには?

を考えると
自然に

どうするか?

が、見えてきます。



また、相手をよく知ると

相手が何を求めているのかも

見えてきます。



やり方はともかく

自分なりのやり方で
自分にとって
いちばん自然なやり方で


やれる範囲で

少し
がんばってみるといいと思います(*^_^*)


しばらく続きますから

焦らずに

数年かけて
くらいの気持ちで
いいと思います(*^_^*)



DSC_0845.JPG





posted by Kaoru at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

決める力の大きさ

「決める」と

その覚悟は
必要なところに伝わり

協力者があらわれる。


自分の実行力がもっとも
強い力ですが


協力者とのご縁(つまり、運)の力も大きい。


自分が抱く

○○だから△△したい


という志は

同じ周波数を持つ人との繋がりをつくってくれる。


ひとりではないと
感じさせてくれる。


自分に「器」ができたとき

そこに入るものが決まる。


器を大きくしていくことは、可能。


成長に応じて
起こることも変わってくる。



起こったことに
どのように対応していくのか。


それが器を大きくしていく



目の前のことに
善処できれば

どこでもやっていける人になっていく。
どこへでも行ける。



fork-in-the-road-585348__480.jpg





posted by Kaoru at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

求める者から与える者へ

周りに求めるだけで

期待するだけで


過剰なその欲求があった頃は

誰も愛せず
愛されず
(愛されてはいたけれど、自分には見えず)


孤独で苦しかった



でも

自分の人生を
自分の思うように使うようになって

少しずつ信念も見えてきて
形になってきて

自分から
アクションを起こして

何も期待せずに(つまり、自分の人生を自分のものとして引き受ける)
やれることをやるようになって

ようやく
見えてきたものがある。


ちゃんと
愛は循環している

ってこと。


それは


まず自分が
愛の流れそのものにならないと見えないものかもしれない。


まずは

「飢餓状態」にあると知ること

それを
少しずつでもいいから

埋めていくこと。


気をつけないといけないのは

「欲しい欲しい」は
同じように「欲しい欲しい」人を呼んでしまうということ。


それは
あまりオススメできない・・・

なぜなら
幸せにはなれなかったから。


「愛の奪い合い」
なすりあい
責任転嫁しまくり
なじり合い

が止まらなかったからです(;´д`)

(欲しい欲しいもの同士だからね💦)



その負のスパイラルから抜けるには

やはり
自分が変わるしかない。


与える側へと。

あふれる側へと。

あふれるもの同士なら
感謝に満ちた世界にするのも夢ではない。


でも
難しいのは

「ない」と思い込んでいる者にとって
「与える」ことはとても苦しいことだということ。

「ないものはあげられない」、
やってもやっても報われない(と思い込んでいる)から。

だから
なかなかアクションに繋がらない。
(与える側にまわれない)


でもこの「ない(飢餓状態)」「報われない」にも
罠があって

自分の思う愛の形しか
受け取れていない
ということ。

「認められたい」過剰な期待があるため、自分の期待値を埋める反応を求めていること。
それが返って来ないと、自分に重要感を持たせられないこと。
おおげさに大切に扱われないと不機嫌になったりすること。
・・・などなど


そのため、
あふれる者から
「ない」と思っている者に与えることも難しい。

あげても
あげても
「ない認定」されるから。


自分のところに来ている「愛の形」は
いろいろあって


自分を満たしていくには

まず
そのひとつひとつに
自分が気づくことから始まります。


自分目線から

少し他者目線になること
とも言えます。

それが無理だというのなら

何でも
いい方に信じる
心の強さを鍛えていくことです。


相手を気遣う
目線を持つことです。


いま
大きな振り分けが起きている領域は
「大人の対応」ができるかどうかです。


こどもじみた感情的な表現のおしつけは
うまくはいかないでしょう。

バッサリ削がれて終わりです。

監視や糾弾、制限が
きつく感じられるかもしれませんが

それは
周りからの目線を意識した
冷静な客観力を養うため。
(つまり大人になるため 笑)


社会のために
自分をどのように使うのか。

どのような自分で在るのか。


広い社会の中で
自分の存在感を確かめるため。

そして
在り方を洗練させるため。


自分で自分の人生の責任を負い
自分の魂の役割を遂行するため。

社会の役に立つ
自分を創るため。


このように書くと
重たく感じられるかもしれませんが


少し他者目線になること

相手を気遣うことを意識して


今の自分にできることを
できる範囲でやることです。

心を尽くすこと
とも言えます。

それをやってこそ
自分の思う「反応」が返ってくるようになります。


愛し愛される世界に行くためには

そこに
自分を寄せていくことが大切なのです。

その努力だけは
必要なのです。



floral-arrangement-453709__480.jpg





posted by Kaoru at 10:30| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

道標は目の前にある

どんなに反対されても
止められても

やりたいことに気づいた魂は
止まることができない。


やりたいと思うことを続けるだけ。
その中で、ご縁のあったものを大切にしていく。
それが拡大の始まり。


大切なのは

自分にとっての「核心」(信念・覚悟)と
明るい見通し(希望)と
実行力(継続力とも言える)


自分の人生の中で
何を大切にしたいのか?


それが決まれば

どのように生きるかが決まる。

何をすればいいのかが決まる。


あとは
そのエネルギーを少しずつ広げて

大切なものを大切にしていく。
自分にご縁のあったもの
自分をとりまく世界を
そのまま大切にしていく。



その上質な波動の中に



奇蹟はあらわれる。



water-20044__480.jpg





posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

好きなものを分け合うことの喜び

若いご夫婦がやっていらっしゃるのですが(多分)

おいしくて
おいしくて

ドはまり中です(笑)


_20181227_173657.JPG



昨年クリスマスころには

あちこちに配り

結局
全部で50個くらい買ったでしょうか(笑)


塩からあげなのですが

揚げたてが
おいしくて
おいしくて(*≧∀≦*)


絶妙な塩塩梅と

カリッじゅわの食感。


びりけんや
長岡市台町1-8-22


一度食べたら
また食べたくなりますよ〜



大阪出身のご主人。

たこやきもあります

他、長岡野菜を使ったお弁当やお惣菜もあります。


からあげも、スパイシーや中華風と、バリエーション豊か(*^_^*)


でもねぇ


やっぱり
塩からあげなの〜



差し上げた方からも
いまだに
「おいしかったねぇ」
「うまかった〜
「黙々とガッツいた」(笑)
の声をいただいております(*^_^*)

私も嬉しい(*´艸`*)

喜びが喜びを生み
繋がっていきます

豊かな気分を味わわせていただき
感謝です



new-years-eve-3036577__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

最後の砦を開くのはあなたの想い(決意)

起こったことを

良い悪いと評価するのではなく


そのまま受けとめてみよう。

そのようになったことには
意味があるのだと

受けとめてみよう。


一見
不運や良くないことのように
見えるかもしれない。


でも
勇気を出して
受けとめてみると


次への扉が開くから。



それは
とても
勇気が要る。


でも
潔く飛び出してみると


思わぬ風が吹いて

本当の幸せへと

導かれる。



それも
決して
安易ではないかもしれない。



でも
あきらめないで。

その旅の先には


あなたが求めるものが
待っている。



あなたが

ずっと
ずっと

大切に守ってきたものが


待っている。


ice-crystal-2871068__480.jpg





posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

魂の輝きは必ず生まれる

魂は知っている



やろうと思っていることを

知っていて

そしてやろうとする。


そのときがくれば

衝動は大きくなって
スイッチが入ったかのように

そちらへと
走り出す。


もともと
持っている輝きは

消えることはなく

照らすべきところを
照らし


光を増して行く。



その光は

自分がいるべき場所へと導いてくれる。



光を大きくするには


自分にできることを
心をこめてやっていくこと。


それが
たとえ
自分の本意でないところにいるように
感じられても

自分の最善を尽くすこと。


出発点は


「今ここ」からだから。



「今」に込めたエネルギーが
未来を創っていくから。



それがたまると
あるとき

あふれて

次のステージへと
連れていってくれる。


そうして
今ある自分がふさわしいところへと
導かれる。



あなたには
ちゃんと
行き着くところが待っている。


snow-2910676__480.jpg





posted by Kaoru at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする