2018年12月20日

共に生きる

人にはそれぞれ

いろんな
成長段階があります。


できる方が
できない方をフォローする

という形に自然になるものですが


大人の事情は
少し違う。


自分の都合で

動かそうとしたり
事を運ぼうとしたり

待てなかったり。



様々な立場のものが

共に生きるには

少しの理解と
優しさが要る。



イライラするのではなく

「何かの事情があるのかも?」
「こうするのには理由があるのかも?」と
想像をふくらましてみると


少し
荒立つ気持ちも穏やかにはならないだろうか?


自分と他者とは違う

知っていると

少しは
待つ余裕もできてこないだろうか?


相手の苦しさやつらさが
理解できると

少しは
優しい気持ちにはならないだろうか。


誰もが
弱くて

そんな自分を知っている。


それを知っている人は強い。

本当に強い人は
自分を強く見せる必要がない。


強く見せることや
逆に弱く見せることに
エネルギーを注がなくていい。


だから
使うべきところに

しっかりと
エネルギーを注ぐことができる。



なんでもやってみようの心は

現実化の力が高く
成功しやすい。


やってみましょうと言われて
本当にそれをやれるのは
100人に1人らしい(笑)



自分のペース、タイミングで行えばいいと思うけど

実際やってみて
その結果どうだったのか

どうしていこうと思うのかって
大切。


自分がいろんな立場に立つことで
自分の世界が広がる。


相手の気持ちがわかるとき


どのように関わるのか、
方法も出てくる。


自分は
どうされたいのか。


その方法もいろいろあっていい。

関わることをよしとする人もいれば
あえて関わらないことをよしとする人もいる。


かまってほしい人もいれば
放っておいてほしい人もいるから


それは
ちゃんとバランスする。


どのような反応をしてくれる人が好きかで

自然に一緒にいるかどうかが決まってくるから


そのままで
いいようにできているらしい。



自分のどんなところを
好きになってくれるかも


相手に任せればいい(笑)



ただ
傍にいてくれる人を
大切にするだけでいい。


大切にしたいと思う人を

大切にするだけでいい。


candy-cane-1908024__480.jpg





posted by Kaoru at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする