2018年12月19日

曇りをはらうと、自然に明るくなる

こどものころは
どうしても

周りのエネルギーに影響されやすく

それも
魂レベルでは
必要な偏りであったりするのですが


他者の
エネルギーの影響から

自分の道を行く

自分の旅が始まるときがあります。



そのタイミングも
人それぞれなのですが


その道の過程で

自分のものではない
エネルギーや

植えつけられた価値観や

思い込んでしまった考えを


クリアにしていくことも
人生の中では
必要な時期があって


それに気づくことは
2度目の誕生とも言えて


自分の中を調えれば調えるほど


クリアにすればするほど


自分らしさは発揮されて



それはつまり

思い込んでしまった人間関係の形や

「こうあるべき」

から自由になるということでもあって

自分の「こうしたい」に素直になることとも言えて


ハタ、と目覚める瞬間なども
あったりして

このように教えられたけど

このように育ってきたけど


だからこそ
自分には
これがいいと思うことや


自分はこうしていきたい

を選択していく旅とも言えて


どの体験も

あなたの羅針盤になっていて


「こうするといいんだよ」は

そのままそうであることも

人によっては
従わない方が
その人らしかったりするから

一概には言えないのですが


でも
自分の心のままに

自分にとっての
真実に添って


生きるようになると

どんどん
開いていく

ということを感じられると思います。



自分の内側を調えることは

本当の自分に気づくこと

とも言えるし


自分にとって
必要なものと
そうでないものとを
選別する
心の作業とも言えます。


自分が
何にとらわれ
こだわり

そこから動けずにいるのかを知り

(自分がそこに居続けただけなのだけど)

本当は
自由で


どんな自分にもなれるし

どんな生き方をしてもいいのだと

そして
自分の生きたいように生きていると


「これでいいんだ」と

自然に自分を認められるようになっていって



気づいたら

自然体でいた



という
自分に


だれでもなれるのだと


気づくのです。



christmas-balls-1830359__480.jpg





posted by Kaoru at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする