2018年11月04日

切り替わりのとき

浄化(膿出し)も最後のふりしぼり。

夏以降、いろんなことがありました。
(プライベートで 笑)
なかなかにハードなことも・・・

でも
得たものも大きかった。


さすがに
つらいと思ったときも
連日の虹
インスピレーションが
不意のお友だちからの連絡が
お友だちからの思いがけぬプレゼントが

助けてくれた(笑)

ありがとうございます(*^_^*)
心から感謝です

真逆のものを見せられると
今ある幸福が際立ちます。


本当に・・・
恵まれている。


穏やかな日々に感謝です。

どんな場所でも
素敵な人たちに囲まれていることに感謝です。


また、エネルギーのひっくり返り
すごかった

やっとやっと
ど〜しても受け入れられなかったところも

このタイミングで
クルッ!とひっくり返って(笑)

あんなにずっとしこりのように残って
チクチク痛んで
だいぶ癒されたけど
小さなひっかかりのように
いつもそこにあったのに


それが
エネルギーをポジティブ変換すれば
こんなふうにパワフルに使えるのかと

こんなに確かさや
力強さを感じるのかと


ネガティブなポイントが
気にならなくなる。


どんな悪運も

気長に向き合えば

大幸運に逆転可能なのだと
しみじみと感じております。


小さな不安や
疑惑は


すぐに大きくなって
ないものに怯えるようなことになって
自分を苦しめます。

でも
普段から
自分のできる範囲で
自分に嘘なく
生きていられれば

その積み重ねが
いつの間にか

不安に揺れない自分を創ってくれていることに気づきます。


誰になんと言われようと

自分は自分の人生において
間違ったことはしていない

最善を尽くした

それは、人目にさらしたとしても
何ら恥じることのないもの

そんな生き方をしていると

何があろうと
「絶対に大丈夫」
という確固たる自信になります。


神仏を信じることに似ています。
(目に見えない力を信じること、とも言える)


そういう生き方は人にも恵まれるので
「私は愛されている」という思いもかためやすいのです。


本当に
ズルリと
膿が出て

ようやく完了して。


それが
このタイミングなんだから

やっぱり
なるようになるし
起こることはちゃんと起こるようになっている。


欠乏感からは
それを刺激することしか起こらないのだなぁと。

満足感からの出発は
ますますそれを満たしてくれることが起こるようになっている。


自分を丸ごと受け容れてこそ
自分の欠けたところを補完してくれる人とのご縁が始まるのだと

はっきりと
言えます。


過去のあの苦しみの原因(こじれの元)が
くっきりと浮かび上がり。


でも
当時
それを受け入れられたかというと・・・

無理だっただろうな・・・。


長い長い時間をかけて
自分の力で克服し
知る必要があったのだから。

簡単には与えられないはずです・・・


求めても誰もいない、手に入らないはずです・・・

けれど
だからこそ
今こんなにも幸せなのだと

そのように感じられる自分になれたのだと思います。



どんなに
過去が暗くても


光の中へと入ることができる。


でも

それは

「自分の足でそこまで行く」という最初の
自分発信のアクションが要る。

最初のステップさえ踏み出せれば
次第に目に見えないサポートや
有形無形のサポートが得られることに気づくでしょう・・・

でも
最初の一歩は
「自分の決意(自分が踏み出す)」からでした。

大きなカルマ解消です・・・
魂の計画、課題、またひとつクリア。

お疲れさま、自分(笑)



一方、
とても心地いいこともたくさん。

なぜか言葉もスラスラ出てくる。

とっさの反応が苦手だったのに
とっさにも対応できる。あれ?
(おもしろいボケにおもしろいツッコミとかね 笑)

なぜか、
とっても調子がいい・・・(笑)


新旧の
エネルギーが入り交じっているようです(*^_^*)


でも
未来のエネルギーを感じ、
期待に胸がふくらみます


私は
不安や不愉快を思い出してその中にいるよりは
そこを立ち去り
今ある恵みを喜び
未来を育ててゆきます

切り替えの時期においての宣言(笑)


レベルアップ
グレードアップのとき



今日
私は
いくつ誰かのお役に立てただろうか。

いくつ喜ばれることができただろうか。喜んだだろうか。

いくつ誰かに親切にできただろうか。ありがとうと言われただろうか。

誰かに「ありがとう」と言えただろうか。

そんなことを
ひとつひとつ数えながら

大切にしながら



今日も増やしていこう。





cake-1145609_960_720.jpg





posted by Kaoru at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする