2018年10月16日

高い望み

目標設定をすると
その目標を達成するためにクリアしなければならない課題が浮き彫りになることがあると書きました。

自分にとって
ハードルが高いな
と思う願望設定をすると

超えなければいけないハードル(課題)の高さも変わってきます(笑)


その高い望みにふさわしい自分になるために。


それはなにも
高い教養とか豊富な知識とか高尚な趣味とか
そういうものだけでなく

困っている人に手をさしのべる
という、人に対する思いやりだったり

ゴミを拾う、だったり

悪口・愚痴を言わない、などの

日常の中の何気ないシーンだったりします。


「ハードル」が目の前に現れたときの
基準をわかりやすく一言で言えば、

「その言動は、神さまが喜ぶものかどうか?」です。
(つまり、波動が高いどうか)

「神さま」なんて信じないし、波動がどうとか宗教くさくて嫌、という方もいらっしゃるかもしれません。

他のいい方をすれば、「人道的であるかどうか」。

あるいは、「どうすれば自分の魂がもっとも喜ぶのか」。

もっと簡単に。

どうすれば、「人が喜んでくれるのか」

もしも
愛する我が子に
幸せになって欲しいと願っている親だとして、
子どもにどんな言動とって欲しいと思っているのか。

どんな子であって欲しいと思っているのか。

それを自分でできているのかどうか。


誰かに
自分がどうされると嬉しいのか、感動するのか。

それを人にやれるかどうか。


そんなふうに考えてみると、自分にとっての“基準”ができあがるのではないでしょうか。


愛情表現は人それぞれですが


(あれこれかまう、放っておかないことを「愛」だと言う人もいれば、個人の自由意志を尊重する放任を「愛」だと言う人もいるでしょう)


自分の思う方法でいいのです。


望んだ瞬間現れる、成就への道。
(クリアする課題)

望みが高ければ高いほど、超えなければいけない道も、それなりものとなるのかもしれません。


夢を諦めないということは、
自分を妥協しないということ。

「挫折」や「絶望」から、軌道修正が始まる人もいるけれど。

そして
それでも
「諦めない」ことは

時に
とても疲れることかもしれないけれど。


あなたはどこを目指したいのか?


目指すのであれば
現れる課題をこなして
その道を行くしかないのです。


誰かに喜ばれる生き方は

「選ばれる」生き方となっていく。

必ず、誰かの目にとまる。

「世界をよくしたい」と望んでいる人は
そういうものごとに喜んで関わっていきます。


だから
「引き立て」も多い。


良いご縁に恵まれ
結果、成功していく。

成功しやすい生き方なんだと思います。



mountain-1445844_960_720.jpg






posted by Kaoru at 12:28| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする