2018年08月24日

さかいめ

ステージが変わるときには

やっぱりガタつきます。


ゴタゴタあったりします。


それは

次へ

というサインであったり

次のステージに持って行けないものを浮き彫りにするため、
自分のウィークポイントが出てきていたりするのですが


これまで
やりたいことをやってきた人

しっかり向き合ってきた人には


安定感ある「次」がある。



目を背けたり
逃げてきた人には

ちょっとイタイこともあるかも・・・


でもいつでも
目の前に来たことに誠実にとりくむ、


これで

乗り越えられるし

挽回もできる。



どうしても「壊れる」ほうに
気持ちを奪われがちだけど


冷静に
事態を見ていると

そこにどんなメッセージが託されているのかを
知ることができます。


どれが正解なんてことはなくて

どんな選択をしても
どんな対応をしても

それさえも自由。


ただ

その行動を起こした自分の内側は
違うよね。

違う反応をするよね。


そこに
自分に対する正直さ

があるのかないのか

充足感からなのか
不足感からなのか

出発がどうかで
自分が感じることは違うよね。


それが
自分にとっての世界なんだから


そうなっていくよね。


アガルか
サガルか

それも自分の在り方によるのですね。


人に何か言われたり
されたりすることは

一見
外からやってくるもののような
自分のせいではなような気がしますが


相手の事情と
自分の事情が

絡み合っています。



相手の都合である場合には
相手の問題から自分を切り離し

自分の都合である場合は
自分の中を整理して


自分が貶められているのであれば
自分をまもってあげないと。
誰にわかってもらえなくても、
自分だけは、自分をわかっていてあげないと。

「あなたが思うような人ではない」と。

自分で自分を責めているのなら
自分にもっと優しくなったほうがいい。

自分を信じてあげた方がいい。



DSC_0798.JPG
なんだか黒い煙(?)が立ち上っている、と思っていたら、雲のよう?

DSC_0799.JPG
追いかけてみたら

DSC_0803.JPG
まっすぐ太陽に向かってた。



自分に尊厳を。

自分に誇りを。


自分には自分の

相手には相手の

「領分」がある。


そのほんの「側面」だけで


自分を小さくしたり
大きくしたりしないで


ほんとうの自分を観てあげよう。






posted by Kaoru at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする