2018年04月06日

誰もが持っている悲しみや虚しさ

一転きょうは雨。
静かに目を閉じてみます。

自分の内側への旅です。


すべての始まりは愛

自分から愛を差し出しなさい


何かを求めるとき
始めるとき

どんなときも

出発は
自分から差し出すことだと


それだけが
リフレインしています。


素晴らしいパートナーを求める時でさえ
おしごとを求める時も

始まりは愛を自分から差し出すことなのだそうです。


何を聞いても

それ。


でも
私の中には同時に

決して満たされることのない穴もあり。


なぜ
持っているのか?


今の私にわかることは

それがあるからこそ

探求し続ける原動力になっている

ということで


飽くことのない活動

消えることのない希望
だから手をのばし続ける。


得ても得ても

また
違うものを追いかけたくなる。



多分

他の人は

ここで満足するのだろうと思う

そこで穴などあかないし
虚しくなったりもしないのだろう。

幸せに満ちて

もちろん
私にも幸せに満ちる瞬間はある。


だけど
私にはずっと
穴がある。


どうしようもなく
感じてしまうことなのだから
受け入れるしかない。

埋めることなどできないことも知っている。


ときおり
あふれてくる
活力と情熱。
よみがえる気力。

同じ穴から出てきている気がする。


そこは
空っぽでありながら
満ちてもいるところ。


「ある」のに「ない」と感じられるくらいに果てしない。


かつて「ブラックホール」と呼んでいた「それ」は
今はそれほどには荒ぶることもなく


ただ
「ある」ことを感じながら

今日も生きていく。


ファインダーを覗くと
想像していたものと違う世界が広がるように

明日の自分は
思いもよらない世界に生きているかもしれないのだから。


今日は雨。

雨の日気分(笑)

そんな目線から
自分を観察して
思いっきり悲しみにひたってみよう。


こんな日は
じっくり
心をあたためるのも悪くない。


flora-3176594__480.jpg





posted by Kaoru at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする