2018年02月18日

展開させていくものは・・・

大きくあなたを動かすもの

活力を与えてくれるもの

引き上げてくれるもの


どんな時にも
励まし
後押ししてくれるもの

それはヴィジョン。
明るい見通し。


ひとたび
そのことを意識すると

それに引き寄せられるように
いろんな関連した事柄が
集まってくることを感じられると思う。



実際
明るい方を向いて歩くしかないと

悟るときがある。



だから展開していく(させていく)。


常に限界に挑み

超えていく

こなしていく

その積み重ねが


気づいたら
自分を高みにおしあげている。



fantasy-3077928__340.jpg





posted by Kaoru at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「何のために生まれてきたか」私が思うこと

使命とか
生まれた理由なんて
そんなものなどない

という意見もあります。

それはそれでその通りだと思います。

自分がやり続けてきたことが「使命」になるのなら
初めから「使命感」など抱いていないだろうから。

そんなかっこいいものじゃないと思っていることもあるから。

他者に求められて
しっかりした仕事をしたいと思うこと、相手の求めに可能な限り応じたいと思うこと
それ自体が「使命感」であって

結果、喜んでもらえてよかった、と思うだけで

はっきりした目的・目標でない場合もあるから。

逆に
はっきりと
「これが私の使命だ」と
使命感を感じてやっている人もいる。
それがはっきりしているということは
私にとってはとてもうらやましいことであり(笑)
時に苦しいこともあるのではないかと勝手に想像する。

活動している中で
やっぱり、私にはこれだ、と確信を深める、ということはよくあることで

それが見つかっているということは
見つかっていない人間にしてみれば
憧れるようなことで

一途にそれに向かってゆく姿は
かっこよくも見えるもの。


どちらも
それぞれの状況によってはそうだ、と言える。
(「使命」はないとも言えるし、あるとも言える 笑)



でも
私は思う。

何らかのベクトルを
魂は持っているのではないか、と。



心がとてつもなく元気になるときがある。

イキイキと高揚して
しばらくその高揚感(幸せな感覚)は続いている。


そんなことに出会えたのなら

間違いなく
あなたはそのために生まれてきた。


それに触れている限り

自然に向上心はわいてくるし
自然に努力しているし
自然に探求し続けているし
自然に磨き続けている。

そして
ちょっとキツイと思っていても
頑張れる───

そんなふうに

あなたを動かしてくれるものは
なんだろう?



たくさんの選択肢がある中で

あなたはなぜ
「それ」を選んだのだろう?

どうしようもなく
心が惹かれるのだろう?


angel-2401263__340.jpg





posted by Kaoru at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

心スッキリと、優しさと繋がる

小さなことは気にせずに

くよくよしても始まらない


サッと気分を変えることが

不運を断ち切るコツ。


自分がよく使う言葉や
よく思考すること

常からの立ち居振舞いに

心持ち


これらは

繰り返し繰り返し
すりこんで
自分を満たすと

やがてあふれて


他のひとにも

わかるようになります。


自分で言っていたことを
ひとに言われるようになります。

内側と外側は

確かにリンクしています。


光を灯すように

どんなエネルギーで
世界を照らそうか。



winter-1210415__480.jpg





posted by Kaoru at 08:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

変容の力

人は誰でも


なにかを始めるとき

目の前の
不安や怖れと対峙している。

自分の力だけではどうにもならないことや
どうにも抗いようのないことに
巻き込まれていると感じるとき
苦しむしかなくて。



けれど

成長とともに
自分に苦しみを与えていたエネルギーは

形を変えて

より輝くための燃料となる。


そして
その重石のように自分を苦しめ続けたものは
マグマのように消えることがない情熱へと変化していく。



あとで
それは
どうしようもなく
自分が体験しなければいけなかったものだったと知る。


受け入れる(赦す)しかなかったと知る。


私の中で
このエネルギーは循環し続けるのだ。

であれば、
負のループではなく

どこかで
光のループに変えるしかない。

なにより
それは
自分自身なのだから。


そうだ
それを決めてきたんだった。


魂は
おもいだす。


自分に必要なことを
必要なタイミングで。


そしておもいだすための材料は

自分の人生の中にちりばめられている。




_20180215_231213.JPG





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

不朽の名作

『君たちはどう生きるか』


あまりにもよく見かけるので買ってみました。

そこには
「あぁ〜、学生時代、同じことを私もよく考えた〜!」
という懐かしい時間がありました。


80年前に世に出たこの作品。

考えることは、変わらないのだなー。
万人の中で、悩みは尽きないってことですよね。

とっくの昔に
素晴らしい言葉はいくらでも生まれていて


それを繰り返し繰り返し

長い時間の中で少しずつ洗練させて

私たちは今ここにいるんだなー。


私たちは
どう答えを出すか


それは
ひとりひとり違う。

あなたは
自分の人生に
どんな答えを出すのだろうか?

正解はない。
間違いもない。

自分にとっての
生き方とは?
在り方とは?



『「王位を失った国王でなかったら、誰が、王位にいないことを悲しむものがあろう」

正しい道義に従って行動する能力を備えたものでなければ、自分の過ちを思って、つらい涙を流しはしないのだ。

人間が本来、人間同士調和して生きてゆくべきものでないならば、どうして人間は自分たちの不調和を苦しいものと感じることができよう。

お互いに愛しあい、お互いに好意をつくしあって生きてゆくべきものなのに、憎みあったり、敵対しあったりしなければいられないから、人間はそのことを不幸と感じ、そのために苦しむのだ。

また、人間である以上、誰だって自分の才能をのばし、その才能に応じて働いてゆけるのが本当なのに、そうでない場合があるから、人間はそれを苦しいと感じ、やり切れなく思うのだ。

人間が、こういう不幸を感じたり、こういう苦痛を覚えたりするということは、人間がもともと、憎みあったり敵対しあったりすべきものではないからだ。

また元来、もって生まれた才能を自由にのばしてゆけなくてはウソだからだ。

お互いに、この苦しい思いの中から、いつも新たな自信を汲み出してゆこうではないか、───正しい道に従って歩いてゆく力があるから、こんな苦しみもなめるのだと。

なぜそれほど苦しまなければならないのか。

それはね、君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。

僕たちは、自分で自分を決定する力をもっている。
だから、誤りを犯すこともある。
しかし───
僕たちは、自分で自分を決定する力をもっている。
だから、誤りから立ち直ることもできるのだ。』


spring-awakening-3132112__480.jpg





posted by Kaoru at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

磨きをかけて

「そのまま」の中には

「努力」も「成長」も「ネガティブ」も「ポジティブ」も「中庸」も

すべて入っています。


設計図には
原石の状態から
磨き抜かれた宝石のような輝きを放つ最善の状態までが

すべて書き込まれているから。

どれも

「そのまま」ではあるのだけど

その中にはちゃんと

「努力」「試練」「達成」なども、あって


ということは
それを使って自分を磨けば

キラキラの宝石になれるし
その宝石はあるべき場所へと運ばれる。

もっともふさわしい場所へ。

原石のままでは
見つけてもらえないし
(たまーに、目の利く人がいますが)

わかってもらえないだろう。


どこまで自分を磨こうか?


それによって

「行き先」も変わってくる。


IMG201308013.jpeg





posted by Kaoru at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

初めの一歩は自分らしく

自分が満ちてくると

熟成されてくると


自然に対外的なことを考えるようになります。


成長の過程で
どこかある時点で

「世のため人のため」
は考えるようになる。



でも
初めの一歩は

思いっきり「自分」でいい。

自分の好きなことだから

やりたいことだから。

その衝動に素直に。


そして
どんな自分にも
おおきな○を出せていること。

自分へのダメ出しで
自分の魂に傷をつけたままではなく
(それを土台にするのではなく)

潤わせて
ふっくらな状態で
歩き始めること。



自分の魂を潤わせるためにできることは何ですか?



tulips-2068692__480.jpg





posted by Kaoru at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

元気をくれるもの

見るとつい買ってしまうもの


イチゴ。


DSC_0612.JPG



元気になれる色(笑)

今日は大きめのイチゴをそのままいただいたのですが

昨日は
小粒なイチゴと、みかん、桃、パイナップル、ナタデココと合わせてフルーツポンチにしました(*^_^*)

白い世界にいると
カラフルが恋しくなります(笑)



あなたの気持ちを明るくしてくれるものはなんですか?


posted by Kaoru at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

追い詰められた状態で感覚はクリアになる

生か死か

追い詰められた状態になると

精神は自然に研ぎ澄まされる。

真実をつかみやすくなる。

自然に気づくことがある。


だから
古来から
断食や
厳しい修行など

あえて自分を追い詰めて
その状態をつくったのだろうか?


死にものぐるいで
必死につかもうとするものもあれば

ふと気づくこともあり。


年端もいかない小さな子供でも
病床にあってほとんど外の世界を知らない子供でも
驚くような言葉を使うことがあって


それは
誰でもが
真実にたどり着く可能性があるのだということを教えてくれている。


tulip-566875__480.jpg





posted by Kaoru at 18:26| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

絶望と希望

ほとんどの種類の素粒子には対になる反粒子があり、その対になる粒子どうしがぶつかると、光にかわります。
通常の素粒子、陽子、中性子、電子などで構成される物質に対し、反陽子、反中性子、陽電子などで構成されるものを反物質といいます。


bokeh-3134839__480.jpg





認めたくなくても
認めなければいけないこともあって

それを認めてから
浮上する

そういう部分もある。


絶対に認めたくないことは
自分がこれまでそれに苦しんできたからで

そうはなりたくないから
そうならないようにそうならないようにと
避けてきた
努力してきた


でも
それを認めないうちは

バランスがとれない

なぜなら
反対側に傾いたままだから


バランスするには

反対側を思いっきり味わう必要があって

でも味わいたくないから
味わいきれていなくて

なかなか中心に来れない。

中心にくるために
どうしても
反対側を認めなくてはいけなくて
(なぜなら、取り残された自分だから)

誰かに抱く嫌悪や不満は
そのまま「自分」で

こんなにも
何度も(嫌悪するたびに)
自分の前に現れている
「反対側の自分」

それを受け入れて
自分が目指す自分を目指すだけでいいのに

やってみて初めてわかることも
続けることで見えてくること・わかってくることも

「やってみる」
「動いてみる」
「感じてみる」
が最初の入り口で

やった瞬間に
エネルギーは反応して


その中から

光の道は現れる。




posted by Kaoru at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする