2018年01月14日

「ない」のではなく、表現の違いなだけ

自分の思う「愛」の形と相手の思う「愛」の形が違うと

なかなかそれを「愛」とは感じにくくて

もらっていても
気づかなかったり
受け取らなかったりしていることがある。


相手にとっての「思いやり」は何なのか

自分が「欲しがっているもの」は何なのか

無理な期待をしていないか


自然に表現されている「愛」はどんなものなのか


気づいたら
実はあふれるほどもらってた

とか

放置されてたわけじゃなかった(本当に助けが必要かどうか見極めてただけだった)

とか

実は嫌がらせじゃなかった(笑)

とか

(まぁ、それくらい感じ方が離れていると、もらっても嬉しく感じないのも仕方のないことかもしれないけれど💧)


見方を変えると、見え方が変わってくることもありますよね。



tree-2712562__480.jpg





posted by Kaoru at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする