2017年12月12日

誰も代わりになれない

代われるものなら
変わりたいと
思うことがある。

私のいのちを
あの人ならば
もっと有益に使ってくれそうで


でも
哀しいかな

代わることなど
できなくて

代わりに生きる術もなくて


なぜ

あの人の
手のひらからはこぼれて

私は生き延びたのか


その理由を
これから
創っていくのだ

生きるのに理由なんかいらないと
言う人もいるだろう。


だけど

漫然と生きるには

あまりに
あの人は輝いていて
その分
苦しみは大きくて


輝いていないと

あの人に申し訳なくて



chair-in-field-785232__480.jpg





posted by Kaoru at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする