2017年11月14日

思い込みの力

思い込みの力は

現実を
思い通りにしてくれない一面がある。

どうにも動かせない現実
なぜかうまくいかないこと
嫌なのにどうしても繰り返してしまうこと

などは

心の奥に

かたいかたい
思い込みを
大事に大事に
持っていたりする。

自分の事情」で手放せなかったり。


なぜうまくいかないのか?

その傾向や
繰り返し起こることを通して

逆引きもできる。

「自分にはどんな思い込みがあるのだろうか?」と。

自分では
気づきにくかったり
たどり着けなかったりすることも
あるけれど

自分に起こることを見ていると
だんだんわかってくる。


イメージで言えば(たとえ話ね)

自分が通ったところを地図に起こすと

なぜかたどり着けなくて
何も書けないところ。

大きな地図の中に

なぜか
できる空白。


・・・のような。


自分が見ないようにしている、何か。
避けて通っている、何か。

感じないようにしている、何か。
すり替えている、何か。

そこから先が
本当は
見なくてはいけないところ。

そして
1度認めてしまえば

劇的に現実が変わるところ。



思い込みは
時に壁となる。

けれど

思い込む力は

時に

存在しなかった現実を創りだす力にもなる。



本気でそう思い込んでいれば

現実はそのように動く。
(その流れの一部になったことがあるから、わかる 笑)

そして
善意に満ちていれば

関わる全員に最善のことが起こる。

その方が良かった、という流れになる。

思い込みは

「壁」にも
「実現させる力」にもなる。


どのように使うかは
あなたに託されている。


justitia-2597016__480.jpg





posted by Kaoru at 12:51| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする