2017年11月07日

そこに「愛」があるか?

指摘する

それひとつでも

「そんなやりかたでうまくいくわけないだろ」
と言うのと

「こうするといいんじゃない? そのほうがあなたも楽だし相手にとってもこういうメリットがあると思う」
と言うのでは

印象が全く違います。


なんだかかっこよく見えるのは
なんだか素敵に見えるのは


「ものの言い方」が大きいと思う。
(それはつまり、どんな価値感・世界観を持っているか、何を大切にしているか、ということなんだけど)


相手を攻撃するような言い方ではなく
相手を傷つけないように優しく包むような言い方をするのでは

受けとる印象が違う。

「教えてやっている」という上に立つスタンスと
「私もそうでした。だから、こうするとうまくいったよ、あくまでも参考だけどね」という
“あなたと私は同じ立場”というスタンスでは

伝わり方が全く違うのです。


「自分はできている(スゴイ)」
と思っている人は上からになりがちで

「自分も失敗するし完璧ではない」
と知っている人は物腰が控えめ(柔らかい印象)になる。
ここには「競争」も「嫉妬」も「やっかみ」も「卑下」も「比較」もない。
あなたと私は同じ立場(であり、同時にあなたはあなた、私は私という独立した尊敬に値する個人同士)。

フラットになるから
相手もフラットに
お互いに言いたいこと・受け取りたいことがストレートにやりとりできる。
(極端な話、悪意ある言葉も、受け取る側がフラットに(むしろ良い方に)受け取ってくれれば、そこに諍いのエネルギーはなくなる)

もちろん
自分ができているから人に言う場合は説得力があるし

自分を肯定する力があるとも言えるのだけど

これは思わぬ抵抗に遭いやすい。

それぞれの「持ち味(個性)」もあるから一概には言えないのだけれど。


そして
自分は完璧ではない
と思うことは

もしかしたら
これまでは
そんな自分をダメだと
ずっとずっと
否定して生きてきた、つらい時期があったかもしれないのです。

でもだからこそ
相手の痛みがわかる。

どっちがいいとは言えませんが

どちらを使うかで
自分が本当にやりたいことに集中するために

上手に使えることもあります。どっちも。使いよう。




「あなたも私も同じです。うまくできることもあるし、失敗することもあるのは誰にでもあること」

つまり
自分のいいところ、素晴らしいところは知っておきながら存分に発揮し
それでも完璧ではないと知りつつ
他者と比較せず争わず(それぞれに素晴らしい存在だと知っている)、の姿勢でいると

言動が変わってきます。
関係性も変わってきます。


必要以上にアピールする(自分を大きく見せる)必要もないし
自分を卑下する(小さく見せる)こともない。

等身大(そのまま・ありのまま)の自分でいられる。

自分が満たされている人は(そのままの自分に“満足・納得”している人は)
あまり相手を刺激しない。
する必要がない(自分を大きくも小さくも見せる必要がないから。そのまんまだから)。

(それでも何か起こるなら、相手が過剰に反応しているのでしょう)

そもそも
「等身大」の人はあまり“気にしない”から(笑)


そこに「刺激」がないから

居心地がいい。

安心感を覚える。


素敵な人は

そんなふうに

自己肯定感が高く
安定していて

相手を立てることができて

争わない。
傷つけない。
傷つけ合わない。


そのままでいていいんだと教えてくれる。
(言葉はなくても)


だから
愛される。


そんな
素敵だと思える人が目の前にいる、この幸運。
一緒に仕事ができる、このしあわせ。

そういう人に
私もなりたい(笑)



valentines-day-1182252__340.jpg





posted by Kaoru at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする