2017年11月03日

ケアが全体のバランスを引き締める

身体を使っている人は

身体のケアも上手で

大切に使っているという印象。


仕事で道具を使っている人は
道具を大切にする。


心を使って

心のケアはしているだろうか。


使いっぱなしにしていないだろうか?


傷つきっぱなしにしてはいないだろうか?


心のケア。


自己肯定感をあげること
自信をつけること
等身大の自分でいること

などなど

ともいえるけれど


私とあなたは、違う
(あなたにはあなた、私には私の良さがある)

という境界線

とも言えて

心がしっかり守られている人は
傷つきっぱなしにはしません。

傷つくことさえないのです。


身体は自然に健康を保つように

毎瞬はたらいています。

どこかがバランスを崩すと
元に戻そうと働きます。


同じように

自分も

下がっていると
周りが励ましてくれたり癒してくれたりなどして

元の状態に戻そうとしてくれます。

逆に
調子にのっていると(笑)

批判されたり
評価が下がったりして

やはり

本来の自分に戻されます。

どんなときも
自分本来の姿でいる

それがゴールデンポイント。

自分を
卑下したり
否定したり
辱しめたり
貶めたり

逆に

天狗になったり
うぬぼれたり
尊大になったり
傲慢になったりと

それらは

プラスやマイナスに傾いていることで

本来の姿ではないのです。

それをやっても許される人

というのが
たまにいますが、

それは
「その人」ならでは、個性であり、
それがその人のそのまま、本来の姿だからです。


自分を大きく見せようとしたり
小さく見せようとしたりすると

どこかで
それらを矯正するようなことが自然と起こり

本来の自分へと戻されます。


そうして
周りを通して
自分をよりよく成長させているのです。

自分の中心にいるとき

もっとも
力強い自分が現れます。

そんなふうに

人生の中においても

自分のケアは行われています。


他者や
状況を
使いながら。


バランスの崩れは


自分が取り戻さなければいけないことを教えてくれています。


それは

身体の領域においても
人間関係においても
家族・友達・パートナーシップにおいても
お金においても

同じことが言えるのです。


自分でバランスを取り戻せるようになりましょう。


それは生きていく上で

とても強い味方となってくれます。



wellness-594181__480.jpg





posted by Kaoru at 11:03| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする