2017年09月08日

マジョリティからマイノリティへの流れ

たいてい

少し変わったことを貫いている人は

「変人」扱いされます。



何十年も前から、完全無農薬でお米の栽培をしている人がいました。
その人は、やはり「変人」扱いされていました。

けれど、その人が作る田んぼには、
両手ですくうと、泥の中にたくさんの生き物(虫など)が生きている。


けれど
いつか、そのやり方の方がマジョリティになる日が来る。

時代は変わる。

その時の、流行り廃りもある。

自分の信念も
ただ時代の流れに乗って
もてはやされる時もある。

でも、それだけのこと。

時代は変わっても
真実はブレない(変わらない)

自分にとっての真実は何か?
(魂からの望みは何か?)

に添って生きていると

時代の流れに左右されることがない。
(気持ちが揺れることは体験するかもね ^_^;)

受け入れられようと
否定されようと
ただ
自分がそれを好きでやる

それはとても強いこと。

そこに共鳴する人もいる。
その人たちを大切にすればいい。



いのちはいのちに育まれる。

いのちのないところに
いのちは育たない。


私たちは、

口に入れるものを選ぶことができる。


自分の人生を
自分の好きなように選ぶことができる。


「真実」はいついかなるときも
そこで輝いている。


それはいつしか
届くときがくる。



forest-1225983__480.jpg






posted by Kaoru at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする