2017年08月10日

こだわっていないということは「そうなれている」から

一昨日
瞑想したからか
あんな記事を書いたからか


本当に
その心(私は幸せ、豊か、愛されている、などなどの心)で生きていると

「そのようなこと」がたくさん起きて

逢って間もないのに
どうしてここまで考えてくれるのだろう?
と思うくらいに親切で
自分の仕事に妥協がなくて

全力でフォローしてくれる。
それが、仕事、と言ってしまえばそうなのだけど

私には
涙が出るくらいありがたくて

昨日も今日もまた
しみじみと
「人に恵まれているなぁ」と感じることがあり・・・


この多発っぷりには
本当に感謝しかなくて


過去、
そうなりたいがために
いろいろとやっていたころには

「期待」ありきで

下心(笑)の方が先で

でも
その心では

やってもやっても
なんにもならなくて
もちろん、感謝も浮かんでこなくて
(だって、その通りにならないから ^_^;)



あるときから


もうどうでもいいや


ぜ〜んぶ
かなぐり捨てて

それでも
私は私の生きるようにしかならないと

できる範囲で
やれることをがんばろうと
(折れそうな時だってもちろんあった)

ただひたすら
何でもかんでもありがたいと
感謝しかないと
暮らしていたら

それが普通になって


そうやっているうちに

いいとか悪いとか
幸とか不幸とか

そんなことは
どうでもよくなってて

気づいたら

幸せの中にいて


期待に反して
こだわらないようになったころに

そうなれていた
ということに気づいて
(もう「欲しい」気持ちがないからね 笑)

やはり

「自分の在り方・生き方」しだいなのだなぁと
これまた
しみじみと感じて。


tulips-52136__480.jpg



あ。
でも、今の自分が思う、「こうなったら素敵だなぁ」はたくさんあって。

それも
当たり前に現れると信じられていて。
(そうなってもならなくても、どっちでもいい、の方が近いかな 笑
いずれにしても最善だから)

穏やか。


幸せだな〜と
思っていると

幸せなことって
どんどん見つかって
(どんどんハードルが下がっていくのか? 笑)

風ひとつ
雲ひとつ

花ひとつにも

嬉しくなれて

そういう小さなことに
感度が増すことで

実は幸せって
こんなにたくさんあった、と気づき・・・

あれもこれも幸せだった、と気づき・・・


そうなってみると

幸せを受け取ってなかったのは自分だったと気づき・・・

形は違っても
表現は違っても

実はみんなが
善意のかたまりだって気づき・・・


全方位しあわせ


おめでたいような
本当にそうなのか?と疑いたくなるような話かもしれないけれど

やっぱりそうで。


自分が行動を起こすのが先。
幸せになるのが先。


それは

もともと実はすぐそばにあった、
違うと思ってたけど、それは幸せということだった、

あらゆる体験が
すべて幸せへと続いている、

と気づいていく課程とも言えるんだ。




posted by Kaoru at 10:10| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする