2017年08月02日

あなたに眠るちから

人は
受け入れられ
認められると

必要以上のちからを発揮する。


感性も鋭くなる(自然に豊かになる)。


心を閉ざしていると

いろんなことを
全部感じられなくなって
(喜びも楽しみも)

エネルギーの滞りが起きる。


信じられていないと感じると
必要とされていないと感じると


一気に生気を失う。


部下をどう使うかは
上司の力量による。


この信頼関係は


上司と部下だけでなく

人間関係すべてに言える。


生きる気力を与えてくれるものは

誰かからの信頼と
誰かに必要とされること。


どうせ
アイツは何やらせてもダメだ

そう決めつけて
仕事を与えないのでは

本当に「できないヤツ」で終わってしまう。

その決めつけは本当か?
本当にそうなのか?

ただ
ある一面が苦手なだけで
全部がダメなのか?


意外な才能が眠っているかもしれない。


できる
と信じてやらせると

人はそれに応えようとする。


信じられると
その思いに応えようとする。


そして

やはり

人は一面だけではなく

多面的な存在で


誰かに

ダメだと
決めつけられたからと言って

それですべてがダメなのではない。



そこを知っておいてほしい。


誰かが「ダメだ」と決めつけた
その裏側に

輝く才能があることを。


ひとりに
ダメだと言われたからといって

あなたの価値が決まってしまうわけではないと。


あなた自ら
自分には価値があると認めてあげると

自然に
今まで気にしていたあれこれが

気にならなくなる。

そしていつのまにか


そのように
価値ある自分として

この世界に存在するようになる。


hand-1549399__480.jpg




あなたは
素晴らしい存在。

可能性は
まだまだ
たくさんある。




posted by Kaoru at 20:25| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする