2017年08月20日

ピラミッドの頂点


周りの人から見えている「あなた」は

ピラミッドの頂点

これまでの苦しい思いも
学んできたこと
出してきた答え

すべては
ピラミッドの頂点となっていて

土台が豊かな人は

容易に
他者のこれまでの苦労を察し
土台に流れるエネルギーをくんでくれる。
(何も言わなくても理解してくれる)

響き合うことができる。

ほんの一言に(頂点)

たくさんのことが詰まっていて(土台)

土台(見えない部分)を感知する能力の高い人は
同じく土台が豊かな人なのだろう。


似たような経験をしてきたから
すぐにわかるのだろう。

輝いて見えるのはほんの一部。

見えない部分にこそ

その人の本質は蓄積されていて
輝きに集約される。


あなたが積んできたものは
あなたをどのように輝かせてくれているだろう?



IMG201308013.jpeg





posted by Kaoru at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

幸運の創り方

自分のコントロールを超えたところで

自分の波動(成長)に応じたことが起こるようになっている。


フォーカスするのは

自分を成長させること
波動を上げること


自分に準備ができれば
その舞台は用意される。


一見
自分の思考が否定・批判するようなことでも

真摯に対応すれば
そこに神が現れることもある(比喩ですよ 笑)

そのひとつひとつの積み重ねが
自分の幸運を創っていく。



魂の望みに沿っていれば
それはますます
思い通りに運ばれて

目に見えないちからを感じずにはいられない。


それがあることそのものが

魂の望みのままに生きているということであり


自分に必要な体験は
来ることになっているから

来たものに
最善を尽くす

この姿勢が
願望実現への入口で



heart-1809675__480.jpg




どんなに望んでも
来ないものもある。


それは
自分には
起こせないものか
そのタイミングではないか


とにかく
今、必要ではないもの。


あるいは
望まないものが来ることもある。


でも、
ちょっと待って。


自分が否定的なものや嫌悪感を感じていても

幸運は
巧妙に
自分のところに届くようになっていて


ものがたりの中で
王子様が野獣の姿をしているように
神様がみすぼらしい格好をしているように
次から次から不幸が襲う小公女のように

それはワケアリフェイクで

真実は全く別の姿、ということもある。

見た目で判断せずに
どんなことにも善処していると

ある日魔法はとけて

奇跡が起きたりする。


そこが試されているのかもしれないな〜(笑)。

それに騙されずに
本質を見つけた人にだけわかる世界がある、というような・・・



だから
今、やれることを精一杯つづける。
優しい心で。
どんな時も
自分のままで。
より良い方を向いて。

これを続けていれば


あなたが望んだ
どんなものも
ここにあったと
気づく日が来るでしょう。

根本はひとつで
すべて繋がっているから。

一見関係なくても

自分にやれることが
大きな望みに繋がっている。


恋い焦がれた
夢に繋がっている。







posted by Kaoru at 08:19| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

可能性はひとつではない

自分に授けられている可能性は

ひとつではなくて


さまざまなケースが用意されていて

だから
自分の中にもともとあるものや
この世界に散らばっている
どれを使ってもよくて

結局は
魂が意図したように流れていくもので

だからこそ
自分の思う「こうしたい」に素直になってやっていけば

全うできるようになっていて
(やりたいことを続ける努力は要る)

どんなにネガティブに見えることでも
魂レベルでは調和している(計画通り)ということもあって

魂が決めたことは
やりたくなるし
やれるし
(やらされることもあったり)
やっていけるもの


この世界には
あらゆるものが用意されているけれど
自分の人生に関係ないものはかすりもしないし
出逢いもしない

そもそも
興味がわかないし
思いもしない。

自分の中にあるものにしか
反応できないようになっていて

自分が反応するということは
「それがある」という何よりの証拠。


だから
自分の中から生まれるものを大切に育てよう。


four-leaf-clover-1892660__480.jpg




それは
あなたを大きく成長させ
何よりもあなたらしく輝かせてくれるもの。




posted by Kaoru at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

大きな準備

すべての記憶をゼロにして
生まれ変わって
身体能力もゼロにして

リセット。

まっさらな赤ちゃんになって

多感な時期を超えて

苦労もいっぱいして

どこへ向かっているのか?

それでもその中で
「幸せ」を感じるため


baby-718146__480.jpg




若い頃は
前世からの続きを生きることが多いそうだ。


振り返れば

いろいろあったわ(-_-)


でも

それを乗り越えて

これから
どう生きようか?

どんな人生にしようか?


人生の中盤で

ひとは
もう一度
生まれ変われるのかもしれない。

本当に
純粋に
自分の人生をクリエイトできるのはそれからなのかもしれない。


おなかにいる赤ちゃんも
タイミングが来れば

教えられなくても
生まれようとするように

あなたが大きく輝くときも来るようになっている。

人生はそれまでの大きな準備期間を設けていて

そうとは知らずに準備しているもの。


ただ自分を思うように磨き続けていれば

時は満ちる


light-1913611__480-1.jpg





posted by Kaoru at 08:25| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

信頼関係

sky-583724__480.jpg




いつからか

未来に対する不安はなくなり
すべてはうまくいく(みんなにとっていい落ち着きかたをする)と信じられるようになって

今では
それは絶対で

少しくらい現実がガタついても動じなくなって
(なぜならうまくいくから)

こんなふうに

信じていると
なぜかうまくまわるようになって

信じて待つと
成長してくれる


「信じる力」は大きい。


私はあなたに伝えるよ

何度でも。



posted by Kaoru at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

無条件に。

大切なものができると

守りたいと思う。


smile-2040553__480.jpg




笑っていてほしい、
自由であってほしい、
幸せであってほしい、
健やかであってほしい、
素晴らしい人生を歩んでほしいと願う。



宇宙だって
わたしたちに

幸せになってほしいと願ってくれているし
絶対的に信頼してくれている。

だから
干渉してこない。


ただ
魂の自由を尊重して

したい体験をさせてくれている。

だから

わたしたちは

生きたいように生きていい。

やりたいことをやっていい。



過去からのたくさんの
すべての願いと

これからも生まれ続ける
この思いに


ひとりひとりに起こること
すべてに。


祈りを捧げます。


あなたが
実現させたい世界は
どんな世界ですか?




posted by Kaoru at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

自分を知りながら創りあげていく世界

けっこう
気遣い屋の私は

重要ポイントから遠いところで
変に考えることが多く(笑)


たとえば

「いい人紹介するね〜」と言われて
会ってみたのに

紹介してくれた人や
紹介された相手に変に気を遣って
動きづらくなる

というような。
(なんでかものすごく葛藤するんです。そうは見えないかもしれないけど 笑)


この場合

ハッキリと

自分が相手を好きかどうか

でいいのに
(そこが重要ポイントなのに)


それがどうしようもなくできなくなるのが私なのです。
(とか言って、抜けてるところもたくさんありますけどね ^_^;)


そしてまあるくおさめるための言い訳をかぎりなく思いついてしまう。


よく言えば
周りに合わせることができる、
平和主義。

悪く言えば
自分がない、
八方美人。


でも

この状況、自分でやってるくせに
自分では苦しいのです。

変なところで
「まあるくおさめたい」欲求が働いてしまう。


自分のために
動かなければいけないシーンで
「誰かのために」になってしまう。


そうすると
何が自分にとっていいのかが
どんどんわからなくなる。


だから

本当の本当に
自分だけのことの場合は
あまり人には相談しません。


好きなように動くためには
「独り」がシンプルなんです。

もちろん、最初から誰かが関わることであれば
相手込みの動きになりますが。
(でも、それが相手にとって心地いいか、適切かどうかは別ですよね。私の勝手な思い込みでそうしているだけなので💦)


かと思うと

自分にとっての「こだわり」があるところでは

今度は譲れなくなってしまう(^_^;)
(あるいは完全に手放すかどっちかになってしまう)

だから
結局
思うようにやるためには
独りがやりやすい。



でもこの
「まあるくおさめたい欲求」

役に立つ場面もあるのです。


みんなにとって
何が最善か

そのためにどんな方法があるのか


だけど
大切なのは

やはり
自分の人生は自分が主役
と、自分に軸を置くこと・・・


その時は苦しいけれど、
自分の人生にとっての
必要な(重要な)決断をしたほうが
結局
「みんなにとっていい」
決断ができるということです。

(そもそもみんな、それぞれに自分にとっていい方向へ持っていこうとするから大丈夫)

自分にとって
いい決断ができると
そこに世界ができていきます。


思いきって
イヤだと言ってみると
そこに新たな方法論が現れたり
別の道が開いたり
することもあるんです。
(いろんなかたの知恵を拝借 *^_^*)

NOと言えないのは

「NOと言うと揉める」(誰かの機嫌が損なわれる)という思いが
私の中にはありました。

実際にこれまでがそうだったので
そう思い込んでも仕方のない環境でした。


どんどん自分がわからなくなるのなら
それをやめてもいい。

もうそれ以上、頑張りすぎなくてもいい。

そうやって頑張ってきたから
いま苦しんでいる。


それは
もう
やめてもいい。



NOと言っても

揉めることもなく

「では何が最善か?」
を穏やかに話し合える人もいるのです。
(それぞれに自分に自信があるから、「NO」が自分に対するダメ出しにならないので冷静に話し合える。非常に楽。余計なことを考えなくていいので)

そして
そのための案を限りなく出せる人もいる。

さらに
現時点では「これが最善」と思うところにも落ち着ける。

もちろん、それはやってみないとわからないこと。

でも、私にとっては

みんなで妥協せずに「最善」を導き出せたことに意味がある。
(結果はお任せ。なってみてからまた考える)

それだけで感動だったし
ひとりひとりのちからの大きさにも感動したし
(そのために私もちからをつけたいと思ったし)

揉めずにまとまることにも
こんなに平和的に誰も殺さずにみんなでひとつのところに向かえるんだ、ってことにも
(たいてい何らかの抵抗にあって、なんだかうまくいかないことのほうが多かったので)
ガラリと価値観が変わる体験をしたと言っても過言ではないくらい
嬉しさを感じたのです。
大きな経験でした。


関わる相手が変わると
こんなにも
すんなり穏やかに事が運ぶ。

でも
自分の「こうしたい!」情熱がまず先ですが。
それから、落としどころを決めていく。

どんな関係性を築きたいのか。
どんなふうに一緒にいたいのか。

選択肢はたくさんある。
居慣れた場所だからといって
たったひとつの世界にしがみつくことはない。


doors-1587329__480.jpg




自分にとっての「希望」が
相手にとって「希望」となりえるか?

それはひとりひとり違うので
そうなるとは言いきれない。

誰かがいいと言っているものが
自分にとってもいいものとは限らない。


そんなふうに
多様にできている世界で
多様にフォーカスすると自分を見失ってしまう。


だから
自分の世界の外で頑張らなくてもいい。

世界の外でどんなに頑張っても
自分の世界はまわらない。

自分の世界の中心で
頑張るようにすると

世界はまわっていくようになる。


他者の土俵で頑張っても

どこまで頑張ってもそこは所詮
「誰かの土俵」でしかない。

人生を変えたければ
豊かにしたければ

まず
自分の人生にアクセスすることです。

自分の人生を創り始めること。
自分の本当の望みに素直になること。
そこにどんな人たちと一緒にいたいのか。

ちゃんと
望む世界の住人になれます。

そのコツは
そう決めてそのように振る舞い続けること。

自分の意識をまず
自分の望む世界にフォーカスさせること。

そして
周りがどうあれ
自分が理想とする自分で生きていくこと。

そうしているうちに

やがて

その自分にふさわしい世界にシフトできる
何かが起こってきます。


あなたはこれまで
誰かのためにと頑張ってきた。

それはムダではありません。

誰かの望みを叶え続けてあげていると

いつか

自分の望みも叶うんです



だから

まずは
自分の世界を変えよう。
(気持ち・意識から)

それから
そこに存在している自分は
どんなふうに振る舞うのか?
(次は行動)

どんな仲間と、どんな関わり方をするのか?

そのヒントは
「自分が仲間にどんなふうに接してほしいのか?」
「どんなことに心が動くのか?」
の中にある。

周りが自分の望むものと違っていたとしても
最初は
そこで
それをやり続ける。

今いる場所がスタート。

そのうち
少しずつ現れてくるから。

奇跡と共に在り続ける心に
奇跡は舞い降りる。
(起こることが起きているだけとも言えるけれど)

入り口は無数にある。


動いてみないとわからないこともある。

けれど、
どんな時も
最善のところに落ち着く
と信じて

飛び込んでみると
思わぬ道が拓くこともあるから


どうにもならなくなったときは

自分がいる環境を変えてみる、

それも
選択肢のひとつにできることを忘れないで。


自分が素敵だな、と思う世界に行ってもいいんです。

自分の中に創れば

そうなっていきます。
創り続けるんです。


そこに
ちゃんと
最適な環境とキャストが現れる。

道も現れる。



forest-1419856__480.jpg





posted by Kaoru at 08:14| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

やり直しも悪くない

人生には何度でもチャンスがやってくる。

魂が成長したいように成長できるように。

(だから結局、失敗なんてないし、無駄だってこともない)

やり直しの中に
新しい発見があったり

これまでとは違う流れが
組まれていたり


もう一度
よりよくなるための方法が授けられていたりする。


ふたたび
自分らしく解決するチャンス
とも言えて



clouds-2183512__480.jpg




そのタイミングを知らなくても

自分で決めてやればいい。

そうすれば、
ちゃんとタイミングはやってくる。

今がそうなのだとわかる。


うまく事が運ばなくても

きっと最善のところに落ち着くと信じて

相手を信じて

任せてみる


そうすると
それ以上のちからが働いて

ちゃんと
たどり着ける。



具体的に何をやればいいのかわからなくても

目の前のことに丁寧に向き合い
関わる人に親切に。


最低限
これをやっているだけで違ってくる。


起こることに真摯に向き合ってさえいれば

やり損ねる
出逢い損ねる
ということはないから大丈夫。


知らずにちゃんと
やることはやっているから。


大きなことを成し遂げる人は
自分に厳しいこともある。

自己否定感が強くて
だからこそ
何とかして自分を認めようと

努力するから

結果的に
大きなものをつかんでいる。


足りないものを埋めようとして

それが大きければ大きいほどに

苦しいけれど

到達点は高い。



どこまでも高く

飛び立つ準備をしているのかもしれない。

焦らずゆっくりと
大きくなっていこう。

慌てて大きくなると
成長が追いつかなくて
どこかで歪みが生まれてしまうから。


自分の成長に応じたスピードで

少しずつ咲くのがいい。


roses-208980__480.jpg




さいごには
感謝しかないところに
たどりつくから。


自分の心がそうなっているから。


いつも
どこかに感謝がある、


そんな世界になっているから。


たくさんのことに
あらゆることに

ありがとうございます

ありがとうございます

心から感謝します。


今日は迎え火。
お盆なので
ご先祖さまにも。


ありがとうございます。



私は人に恵まれているし
幸運にも恵まれています。

これからも
幸せに暮らします。


ありがとうございます。




posted by Kaoru at 08:13| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

情熱が先、そして継続させるものも情熱。

「やりたい!」

にもいろいろある。

自覚アリでやりたいこと、

自覚なしで、どうしてもそうしてしまうこと、

やりたくないのになぜかそうなること、
(口ではやりたくないと言っていても、実はそれを必要としている場合はそうなることもある)


熱い、その気持ちがあるから走り出せるし、飛び込める。

その気持ちがあるから、何があってもやり続けることができる。


hourglass-1703330__340.jpg




「やりたくてやること」

「魂から望んでいること」

「つい、そうしてしまうこと」

「どうしようもなく、心が動くこと」

それが、先。

動き出すのが、先


動いている中

ラッキーなことが起きたり
ミラクルなシンクロがあったり

導きやサポートがある。

それは時に
過去、自分が苦しんだことの中にヒントが隠されていることもあります。


自らの情熱で動いている人間にとって、
「報酬」は必ずしもお金とは限らない。

自分にしかわからない「満足」があって

そもそもコントロールしようとしないし
結果にもこだわらない。
(多分、こだわりポイントは違うところにある)


ただ自分の「やりたい(ついやってしまう)」衝動のままに動いているので
やり続けることにフォーカスしているから

それ以外のことはあまり重要でなく
あとからついてくる感覚が強いのではないかと思う。

結果はあくまでも副産物でしかない。



何かを始めるとき

失敗したくないと思うもの。

だから動けないし
妥協も生まれる。
安易な選択をしたりもする。


だけど
情熱から動いている人に
失敗なんてない

あるのは
気づきと感謝と調和で

すべて
ただ自分の魂を表現するためのものだと
わかるから


やりたいことをやり続けるだけ。


そして
自分が豊かなように
みんなにも豊かになってほしいと願っているので
そのために動いている。

それが大きな動機(原動力・情熱)でもあったりする。


情熱を燃やし続けていると
なぜか
思いを可能にしてくれる状況が調う。
話が思いもかけないよい方向へ進む。



いろんなかたの本気に触れて
私の覚悟もかたまっていく。


そうだ、これをやるんだ。



あかりは消えない。

いつも
補充され護られ背中を押されて
ふたたび燃え上がる。



魂からの望みとは
そういうもの。



たくさんの
「本気」や「豊かになってほしいという願い」を
動かしていくもの。

そしてそれは
共鳴して
集まっていくもの。




続きを読む
posted by Kaoru at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

優しさがしみる

gothic-1629448__480.jpg


優しさがしみる。

つらいときほど

優しさがしみる。


思わぬ人からの
優しさがしみる。


魂は
こうして
栄養を吸い上げるんだ。

だからみんな欲しがるんだ。

もらってももらっても
欲しがるんだ。


必要とされること
大切にされること

誰かに想われることで

自分の存在を確かにしていく。


自分を自分で認められている人には
たっぷりもらってきた人には

もう
おなかいっぱいで
要らないものかもしれないけれど
(「あげるもの」に変わっているかもしれないけれど)



飢餓状態だった私の心には

ごちそうで


今でもまだ

心にしみる。



飢餓状態の心には

与えてくれそうな人が
本能的にわかって

ちょうだい
ちょうだい
もっとちょうだい

になってしまう。


飢餓状態のまま
大人になった人はけっこうたくさんいて
大人になってからも

ちょうだい
ちょうだい
もっとちょうだい

をやっていて・・・

(酷いときは、もらえないとわかると、巧妙に相手に罪悪感を抱かせたりして何とかして吸い上げようとする、略奪に近いケースもある。これじゃ、まともな人間関係は築けないわけだ・・・)


でも、あるとき
それは

バランスのとれていないことだと思って
ずっともらってばかりはフェアじゃないと思って
(でも上手にあげられなくて苦しくて)

どんなに無償の愛にあふれた人でも
相手にとっては
与え続けるのも大変なんだと思って


何よりも
私は
普通にあげられる大人になりたいと思って
(そこまで成長したいと思って)

やめた。


自分を自分で満たそうとしてみたけれど

はじめは苦しかった。


でも
ほんの少しの
誰かからの優しさで

魂はあっというまに生き返って


飢餓状態の時にやっていた
だれかれかまわず
吸い上げ続けてた時とは違って


優しくしてくれた人は
多分、自分で「優しくした」とは思ってなくて
それくらいに自分の中から無理なく自然に出てきたもので
(だから相手にとっての負担などなくて)

気づいたら
そこここで

小さな優しさをたくさん拾うことができて


それで少しずつ
魂が復活していって。

くれくれと言わなくても
たくさん周りにあって

奪い続けなくても
普通にあって・・・

ふとした瞬間に
「何も言わなくてもちゃんと見ていてくれたんだ」と
わかることもあって

わかってくれてる人がいた、と
独りじゃなかった、と
気づくことも、あったりして

それだけで
頑張れて


「愛されていない」が
「実は愛されていた」に
かきかわって

それからは
周りに愛があふれていて

見えなかった愛が
たくさん見えるようになって

特定の誰かからの
愛だけを求めるのではなくて

どんな人からの
少しの優しさでも
大丈夫になって

今は溺れそうなくらいで(笑)


ほんの少しのことで
ちゃんと
循環するようになった。

世界にはたっぷりある
とわかるから。

どんなに
吸い上げても
無限だとわかるから。



誰かに

優しくする
思いやりを見せる
相手を認める
そのままを受け入れる
それを伝える


って
時に誰かのいのち(魂)を救っていることになる。


「救済」は

笑顔、
優しさ、
あたたかい言葉

それだけでできること。


そうやって
自分にできる少しのことで
救われる誰かがいて

救われたら
自分も誰かにとっての
そんな存在になりたいと
思うようになって

優しさは循環していく。


こうして
そうとは知らず

助け合って
支えあって

生きている。



優しさや
思いやりを大切にと繰り返しているのは


時に
それが誰かを救うことがあると
魂の救済になることがあると

知っているから。

身をもって知っているから。


時に
多くの
様々な病や症状を緩和するものでもあると思うから。



エネルギーはこうして
まわっている。

そう、お金も同じこと。

なくならないから大丈夫。



あなたの
少しの優しさが

誰かを救うことがある。

それは自分のところにもくるし
みんなのところにも行っている。

誰かへの褒め言葉が
魂を輝かせることもある。
ちからを与えることがある。
(正確にはその人の中から力がわきだすのだけど)

自分の中からスタートさせるものに責任を持ち
美しいもの(豊かさ・幸福・感謝など・・・自分が望むもの)にしよう。
それは自分のところにも返ってくる。


そして世界を変えていく。




posted by Kaoru at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする